穂高連峰

山頂 北穂高岳3,106m / 涸沢岳3,110m / 奥穂高岳3,190m / 前穂高岳3,090m
分類 北アルプス
日程 1990/08/25-26
同行 Y氏 / K氏
概要 上高地から涸沢を経て北穂高に登り一泊。翌日、涸沢岳、奥穂、前穂を越えて、重太郎新道を岳沢へ下山。
北穂からの槍ヶ岳。大キレットを渡ったのは、9年後のこと。(1990/08/25撮影)
北穂南稜からの前穂。ぎざぎざのスカイラインがいかにも穂高らしい。(1990/08/25撮影)
前穂からの奥穂。まさに岩の殿堂の風格。(1990/08/26撮影)

1990/08/25

■05:15 上高地 ■06:40-07:10 徳沢 ■07:50-08:00 横尾

同行Y氏の車を沢渡の村営駐車場に留め、タクシーで上高地入り。バスターミナルは早くも観光客があふれています。徳沢まで歩いて、前夜コンビニで買ったおにぎりで朝食。屏風岩の威容を見上げながら横尾谷を遡りました。

■10:20-11:35 涸沢小屋

涸沢カールを見下ろすテラスでビールを飲み、昼寝としました。意外に狭いカールも、夏山シーズンのピークを過ぎたせいかテントは少ないようでした。

■12:40-13:00 鎖場 ■14:20-35 北穂高岳 ■14:35 北穂高小屋

簡単な鎖場を抜けたところで、下方に小さい涸沢ヒュッテ、正面には常念山脈を眺めながら休みました。始めは30分に1本だった休憩も、急登の連続に次第に間隔が狭まり、ついには10分に1本になりました。それでもやがて、穂高らしい、こごしい岩の積み重なりの果てに実然不意打ちのように展望が開け、北穂3106mの山頂に着きました。大キレット越しの槍ヶ岳が、どんな写真で見るよりもはるかに威圧的な迫力で目の前にあります。滝谷も噂通り、胸のすくほどすっぱり切れ落ちていました。

後は山頂直下の北穂高小屋のテラスでワインを飲みながら、北アの山々を愛でました。夕食後、笠の向こうに沈む夕日を見に山頂に再び上がりました。

1990/08/26

■06:10 北穂高小屋/北穂高岳

4時50分、小屋を出て山頂で御来光を待ちました。飛騨側から雲が湧き、槍を隠します。5時10分になって、常念山脈の東に広がる雲海の予想外に低い位置から大陽が顔を出し、登山者の間にどよめきが走りました。シャッター音の中、小屋の徒業員が登って来て「御来光の最中にすみませんが、朝御飯ができちゃったんですけどォ」と呼ぴ掛けましたが、一同苦笑するばかり。朝食を終え、いよいよ縦走開始。厳しいトラバースやアッブダウンが続きます。日陰は岩が冷たく、指先がかじかんで思うようにホールドがつかめません。

click

とりたてて恐ろしい所はありませんが、涸沢岳の登りは浮石の多い垂直の岩壁のトラバースや登高が続き、少なくとも逆コースは採りたくないと思わせました。岩場での歩きは、Y氏は積極果敢、K氏は慎重そのもので対照的です。

■07:55-08:05 涸沢岳 ■08:20-50 穂高岳山荘

最後の凹角の鎖を越えて稜線に飛ぴ出し、50m程で狭い涸沢岳山頂。昨日に続き抜群の天候で、北アのほとんどの山がクリアに見通せました。蒲田川から一気に聳え立つ笠ヶ岳の左には、加賀の白山が長大な稜線を左右に引いています。行く手にはもちろん、奥穂・前穂が吊尾根に結ばれて手の届きそうな近さにあります。

■09:20-09:40 奥穂高岳

山頂からは眼下に上高地が箱庭のように見え、それを見下ろす赤茶けた焼岳、彼方の乗鞍の姿が立派。ジャンダルムの上に人が立っているのもはっきり見えました。大ケルンの上で記念撮影をし、グレープフルーツを分け合ってから、前穂を目指しました。

■10:55-11:10 紀美子平 ■11:35-40 前穂高岳 ■12:05-15 紀美子平

吊尾根のトラバースで結構冷汗をかかされて、ようやく紀美子平に到着。奥穂から西穂へのギザギザの稜線が迫力満点。ここにザックをデポして前穂へ登りました。

ゴロゴロの石に覆われた細長い山頂に着く頃には雲が出始めていました。証拠写真を撮り、早々に下山開始。紀美子平でザックを回収し、いきなりのツルツル岩の鎖から急降下が続き、最後にお花畑の中をジグザグを切って岳沢へ下りました。

■13:35-14:10 岳沢ヒュッテ ■15:10 上高地

きつい下りの励みにしていたカレーライスが無いと知り、Y氏は一瞬激怒。かわりにピラフを注文して事無きを得ました。あとはピラフパワーに任せてひたすら歩くだけ。1時間で上高地に到着し、観光客で賑わう河童橋から振り返れば、数時間前にその山頂にいた奥穂・前穂が、はるかに高く聳えていました。