恵庭岳

山頂 恵庭岳1,320m
分類 北海道
日程 1990/07/27
同行  
概要 恵庭岳登山口から山頂までをピストン。

支笏湖畔からの恵庭岳。特徴的な山頂の岩塔は残念ながら雲に隠れてしまっています。(1990/07/27撮影)

1990/07/27

■10:00 恵庭岳登山口 ■11:15 展望台 ■11:45 鎖場分岐

幸運にも得た札幌出張の機会を利用し、前回の山行の帰途支笏湖越しに見た恵庭岳を目指します。札幌からバスで1時間余りで登山口に着きました。最初は涸れたポロピナイ沢を遡りますが、すぐに尾根に取りつき急登が始まります。蒸し暑さにたまらず、三合目でTシャツ1枚になりジュースを飲みました。道筋にはツバメオモト、サンカヨウの瑠璃色の実、タケシマランの赤い実が目立ちます。六合目の標識を越え、土がむき出しの急坂をロープの助けを借りて登ると、馬蹄形の火口壁の端に出ました。山頂は雲の中に隠れていますが、爆裂火口の一部からは蒸気が上がり、硫黄臭が漂います。ここからは火口壁の外側を巻き気味に進みますが、鎖場へのコースは通行禁止とされ、巻道が付けられていました。このあたりで雲の中に入り、ひんやりとした空気の中を頂上を目指しました。

■12:00-45 恵庭岳

山頂の顕著な岩塔は、直下を半分ほど回り込めば、標識に従って造作なく登り詰められます。幸いガスも時折切れ、奇怪な岩塔やエメラルドグリーンのオコタンペ湖、広大な森林が姿を現しました。もちろん、支笏湖の青い湖面も美しく、しばらく展望を楽しんだ後、用意の昼食をとってから下山にかかりました。

■13:00-10 鎖場分岐

振り返ると、頂上岩塔を覆う雲が一時的に払われ、その異容を明らかにしていました。支笏湖越しの不風死岳もここから見ると立派です。展望台を過ぎて火口壁を離れた後は、樹林の中をひたすら下るのみ。

■14:40 恵庭岳登山口

この後、一旦支笏湖畔に出て湖の上に浮かぶ恵庭岳と樽前山、不風死岳の姿をカメラに収め、札幌へ戻りました。