浅間山

山頂 浅間山2,568m
分類 上信越
日程 1990/05/13
同行  
概要 車坂峠から東進して外輸山から浅間山を望んだ後、黒斑山稜を北上、Jバンドから火口原の湯ノ平に下り、一気に山頂に達する。その後東に緩やかな尾根を峰の茶屋へ下降。この時点では浅間山は山頂から4km以内は立入禁止だった。
その名もおどろおどろしい蛇骨岳からの浅間山。きれいな円錐状の山体と複雑な外輪山が見事な景観を作っています。(1990/05/13撮影)
噴火口を覗く。奥底からガスを噴き出し、不気味な音がしていました。(1990/05/13撮影)

1990/05/13

■10:10 車坂峠 ■11:05-10 トーミの頭

標高1973mの車坂峠までバスで横着し、樹林帯の尾根筋を東に向かいます。大規模な倒木や噴火時の避難壕を見ながら少しずつ高度を上げ、外輪山の一角に出ました。眼前には、落葉松とダケカンバの目立つカルデラ状の湯ノ平の向こうに、一木一草も付けない浅間山が雄大に構えています。

■11:20-35 黒斑山 ■12:00 蛇骨岳 ■12:10 仙人岳

黒斑山は、浅間山の好展望台。パンとバナナの昼食をそそくさと済ませ、人目を気にしながら「立入禁止」のロープをくぐりました。シラビの樹林の下には雪が残っており歩きにくいものの、ほぼ水平の稜線は常に右手に浅間山を見ながら北へ延びています。そして仙人岳の先はやせ尾根となり、北西にはうっすらと四阿山、一方行手には山頂にたなびく煙がはっきりと見えました。

■12:25 Jバンド

黒斑山稜の北端。名称の由来は不明です。不安定な岩場を下ると10分程で荒涼とした火口原に降り立ちました。明瞭な道を南へ真っ直ぐ進み、やがて樹林に入る辺りで東に向きを変えて登りにかかりました。登山道は浅間山のガラガラの斜面を左上へ巻くように付けられており、着実に高度が稼げます。外輪山の一つの前掛山を右に見るようになると活火山特有の異臭が漂い、見下ろせば北側は薄青く煙っていました。幸い南から風が吹いているため、登山道で煙に巻かれる心配はあまりありません。ザラザラと崩れやすい足元を気にしながら火口縁に登り着くと、いきなり200m切れ落ちた火口の底が覗き込めました。白い煙が黄色く染まった火口底から活発に噴き止げ、火口縁の高さに達すると薄青に色を変え、風にまくられて北へ流れます。目の前で鳥が煙に巻かれて火口の中に消え、大いにびびりました。

■13:55-14:15 浅間山

火口縁の南側をぐるっと回って一番高い所が山頂。標識も何もありません。雲海状に雲が広がっており、月面のように荒れた斜面が下っているのが見えるだけですが、高山の雰囲気に満足しました。山頂には外国人が一入で写真を撮っており、話しかけてみると彼は安中の高校でパイプオルガンを作っているスイス人技師で、滞日中、週末はこうしてoutsideに来ているのだそうです。再来週には富士山に登るというので、五月の富士はicy and wind blows hardだと教えたら考え込んでしまいました。こんな調子でしばらく会話を交わし、写真を撮り合って別れた後、東面の樹木を一切寄せつけない大斜面の中のたおやかな尾根筋に付けられた緩やかな砂礫の道を、足の底を滑らせるようにぐんぐん下りました。

■15:00 馬返し ■15:10 峰の茶屋

馬返しから下は春の装い。オオカメノキが白いガクアジサイのような花を付け、ゼンマイが密生していました。

なお、この年7月20日未明に浅間山は7年振りに噴火し、峰の茶屋では微量の降灰が確認されました。