冬山講座(谷川岳)

山頂  
分類 上信越 / 東京都山岳連盟冬山講座
日程 1990/01/20-21
同行  
概要 雪の西黒尾根森林限界までピストン。途中雪洞に泊まる。都岳連主催の冬山講座の実技第3回(千代コーチ)。テーマは「ラッセル技術の習得(わかんの着脱、歩行)、雪洞構築、雪洞生活の体験」。

1990/01/20

■07:35 土合駅

下り線ホームから462+24段の階段を10分程登り、1階の待合室でステーション・ビバーク。朝食後、雪の降りしきる中を出発しました。

■08:00 ロープウェイ駅

ロープウェイ駅を過ぎ10分の地点から斜面に取りつきわかんを装着してラッセル開始。例年に比べると雪は少ないとのことですが、それでも急坂では何度も雪をかき落とし、膝で押し固めても足場が崩れました。

■09:30-40 鉄塔

最後の崖を乗越すと、鉄塔に着きました。ここから尾根通しになり、樹林も疎らになります。冬山らしい吹雪の中を高度を上げました。

■11:25 1,150m地点雪洞

雪洞構築に絶好の崖に到着。7人が泊まるための4畳半程の面積の雪洞を掘るのに、しっかり締まった雪と格闘して3時間半もかかって、雪洞掘りにこれほど本格的な労力と時間と道具を要することに驚きました。16:00から宴会を開始。しゃぶしゃぶ・うどんすきで満腹になると、ラッセルと雪洞掘りの疲労から眠くなり、ロウソクを灯したまま早目に就寝。ホカロンとお湯入り水筒を抱いて意外に暖かく眠れました。

1990/01/21

■08:15 1,150m地点・雪洞

目覚めてみると、天井がやや下がっている上、昨日はかがんで入れた入口が這わなけれぱ出入りできなくなっていました。空は1月にはめったに遭遇できない快晴。谷川岳から一ノ倉岳に続く稜線やマチガ沢の岩壁が迫力。アイゼンを履いて再び急坂に挑みましたが、背後には純白の燧、至仏、武尊が並び、天神平スキー場ではスキーヤーが新雪にシュプールを描いていて気分爽快です。

■10:00-20 1,450m地点

森林限界で小休止をとり、先行していた講師陣の判断で、ここから引き返すことになりました。

■11:25-40 1,150m地点

昨夜の宿泊地点に戻って休憩中に、他のパーティーの雪洞の出来ばえを視察して回りました。早く構築を開始していたパーティーはしっかりトイレ用の雪洞も掘ってあり、男子小用とその他用を別に作っている班もありました。

■12:10-15 鉄塔 ■12:40 ロープウェイ駅

明るい中を下ってみると、昨日ラッセルした斜面が驚くほど急坂であることに初めて気づきました。