旭岳〜トムラウシ山

山頂 旭岳2,291m / トムラウシ山2,141m
分類 北海道
日程 1989/08/20-22
同行 K氏 / S氏 / Fさん
概要 旭岳温泉からローブウェイで上った姿見駅から縦走をスタート。旭岳、北海岳を経て白雲岳避難小屋横に幕営。翌日は忠別岳、五色岳を越えてヒサゴ沼。最終日はトムラウシ山をピストンした後、天人峡温泉へ下山。
北海道の最高峰=旭岳。噴煙と雲とがこの山の性格を荒々しいものに見せています。(1989/08/20撮影)
「広闊」という月並みな言葉では形容できない大雪の大展望。このスケールは本州では味わうことができません。(1989/08/20撮影)
北沼からトムラウシ山を振り返る。いつの日かまた訪れたいとの願いは、意外に早く翌年に果たされました。(1989/08/22撮影)

1989/08/20

■06:15 姿見駅 ■06:20-50 展望台 ■07:05-15 姿見池

本年のMain Event=大雪山行の最初の目的地、旭岳を望みながら朝食をとりました。この時点では雲が山頂を覆っていますが、池に着く頃から次第に晴間が広がりました。爆裂火口下部からは盛んに噴気をあげ、この山のヴァイタルな性格をあらわにしています。

■09:30-10:25 旭岳

北海道最高峰からは大雪全山はもちろん、トムラウシ山、十勝、タ張の山並から、さらに遠く日高方面まで見通せ、特にトムラウシ山方面の高原の広がりは驚異的ですらあります。旭岳裏の雪渓の下で水を汲みましたが、キタキツネを宿主とする寄生虫エキノコックスに汚染されている可能性があると聞き、私とFさんは手が出せません。

■12:00-45 間宮岳

いかにも北海道らしい野放図さを見せつけるお鉢平(旧噴火口)を眼下に眺めながら昼食をとりました。タラコ唇状に見える白雲岳、名前通りの姿の鳥帽子岳、台形の黒岳など展望には事欠きません。白雲岳東北の巻道は色とりどりの花畑や雪渓で我々を楽しませてくれましたが、登り着いた白雲岳〜小泉岳の稜線上の指導標には熊出没の警告があり、冷水を浴びせられた気分になりました。

■15:30 白雲岳避難小屋横幕営地

私及びK氏のテントを設営。タ食(チーズフォンデュー)後テントで酒を飲みながら「明日はハイキングのようなものだ」などと後から考えるととんでもない怪気炎を上げました。夜、空には東京では決して見ることのできない数多くの星座や流れ星。やがて現れたキタキツネにおにぎりをふるまい、写真のモデルになってもらいました。私のテントには私とFさん、K氏のテントにはK氏とS氏の組合せで就寝しましたが、K氏のテントは透湿素材ではない上にペグが一本はずれていたため、強風で大揺れするたびに結露した内部の湿気が飛沫となって両氏を襲い、二人は外は嵐だと信じきっていました。

1989/08/21

■07:00 白雲岳避難小屋横幕営地 ■07:30 スレート平 ■11:00-10 忠別岳

コマクサの群生などを愛でながらゆっくり歩いていましたが、いつまでたっても忠別岳に着きません。やがて旭岳を覆い始めていた灰色の雲が南下し、忠別沼の上で我々を捕らえ、強い西風とガスで視界を奪いました。

■12:00-13:40 忠別岳避難小屋

皮肉なことに忠別岳を下ると次第に天候が回復してきました。昼食をとるため縦走路を一旦離れ、忠別岳避難小屋へ下る途中で鋭い破裂音が2秒程連続しました。慌てて道を急ぎましたが、音の正体については「爆竹説」と「熊がハイマツを踏みしだく音説」とが対立し、結論を見るには至りませんでした。

■14:25-40 五色岳 ■16:40 ヒサゴ沼避難小屋横幕営地

すっかり好天となり、日にあぶられながら辿り着いた五色岳山頂でFさんは「もういい。私は冷たい水を飲む」と宣言し、エキノコックス入り(?)の水を旨そうに飲みました。しばらく背丈ほどのハイマツとナナカマドの稜線を行き、化雲岳下からヒサゴ沼へ下りました。

1989/08/22

■06:25 ヒサゴ沼避難小屋横幕営地

朝、小屋に荷物を置き、Fさんのデイパックに水、雨具等を詰めてトムラウシ山へ向かいました。そして、その途中の水場で遂に私も我慢しきれず生水に手を出してしまいました。雪渓を登って稜線に上がり、天沼手前の日本庭園風の小池のほとりで千手観音ポーズの写真を撮影。花期が終わり、結実してヒゲをたなびかせたチングルマが群落を作り天上の楽園の情趣があります。山頂までの岩場にはナキウサギが多く、キッキッという声に振り向くと5回に1回の割合でその姿を見つけられました。

■08:35 北沼 ■09:00-25 トムラウシ山

この山域には珍しくアルペン的な岩峰の山頂には立派な標柱が立っていますが、ガスで展望はありません。K氏の祈祷で時々日が差しましたが、遂に晴れ間は広がらず、残念ながら下山開始。ナキウサギや白い大きなフクロウの見送りを受けました。

■12:00-13:20 ヒサゴ沼避難小屋 ■14:15-25 化雲岳 ■18:00 第一花園 ■20:20-30 滝見台

ピーマンだらけのスパゲッティの昼食の後、再び重いザックを担いで化雲岳へ登りました。「カウンのへソ」と呼ばれる山頂の大岩は、横から見ると沢登りをするシーラカンスのようでもあります。長い下りの途中雷雨に見舞われ、沢状になった道をひたすら下りましたが、第一花園の下から樹林帯に入ったところですっかり暗くなりました。

へッドランプを頼りに夜道を歩いていると、後方から金属を打ち合わせる音がついてきますが、振り向いても誰もいないので次第に気味が悪くなってきました。結局K氏のコッヘルの音と後で判明。やっと涙壁のつづら折れにかかり、やれやれと思ったとき、闇の薮の中でガサガサと音がし、一同立ち辣みました。しばらくじっとしていましたが、気配は消えており、足を早めて下りました。

■21:35 天人峡温泉

車道に出たところで互いに握手。ようやく終わった……。