至仏山〜燧ヶ岳

山頂 至仏山2,228m / 燧ヶ岳(柴安嵓)2,356m
分類 上信越
日程 1989/05/02-04
同行  
概要 鳩待峠から至仏山を経て山ノ鼻経由下田代十字路泊。見晴新道から燧ヶ岳に登り、燧新道を下って長蔵小屋。帰路は三平峠へ下山。
尾瀬ヶ原からの燧岳。木道はところどころ雪に埋もれ、雪原を自由に歩くことができました。(1989/05/02撮影)
燧岳から眺めた至仏山。眼下には尾瀬ヶ原。(1989/05/03撮影)

1989/05/02

■09:40 鳩待峠

開通初日の鳩待峠から登りました。晴れてはいますが、雲が多し。小至仏は東面をトラバース。

■12:10-30 至仏山

尾瀬ヶ原をはさんでの燧や、平ヶ岳、武尊が近く見えます。高天ヶ原の下からの大斜面をシリセードで快調に下りました。周りでも多くの登山者がシリセードを楽しんでいますが、「止まらね〜ッ!」と叫びながら樹林帯へ消えていった若者もいました(合掌)。このコースは、この夏から通行禁止になるそうです。

■13:30-14:00 山の鼻 ■15:50 原の小屋

一面の雪原ですが、所々木道が見え、踏み抜きもあります。後ろの至仏と前の燧が共にどっしり。

1989/05/03

■06:05 原の小屋 ■09:40-10:10 柴安嵓 ■10:45-50 燧ヶ岳(爼嵓)

爼嵓との鞍部から雪壁をコワゴワよじ登ると、燧の最高点=柴安嵓。会津駒、日光連山、そして言うまでもなく至仏の眺めが見事。件の雪壁は後ろ向きになって下り、次いで三角点のある爼嵓に登りました。尾瀬沼を俯瞰しますが、風が強く、早々に退散。

■11:05-10 ミノブチ岳 ■12:40 長蔵小屋

そのまま三平峠を越えるかどうか迷いましたが、休日もまだあることなので長蔵小屋に荷を下しました。単独行者ばかり6人の部屋になりましたが、その中に既に百名山を99座登り、あとは富士山を残すのみという人がおり、一同感心することしきりでした(後から思えば、私が日本百名山完登の最後の一山を富士山にしたのは、この方の影響があったかもしれません)。

1989/05/04

■06:05 長蔵小屋 ■06:45 三平峠 ■08:15 大清水

翌朝は雲ひとつない快晴。驚くほど軽装の人々が上がってきます。大清水ではじめてミズバショウ、ザゼンソウを見ました。