白峰三山縦走

山頂 北岳3,193m / 中白峰3,055m / 間ノ岳3,190m / 西農鳥岳3,051m / 農鳥岳3,026m
分類 南アルプス
日程 1987/08/12-14
同行 K氏 / S氏
概要 広河原から大樺沢二俣を経て北岳肩ノ小屋泊。山頂で朝を迎え、間ノ岳を越えて農鳥小屋。最終日は農鳥から大門沢を奈良田へ下山。

北岳バットレスを見上げたところ。やがてバットレスを登ることになるとは、夢にも思っていませんでした。(1987/08/12撮影)

北岳から間ノ岳への縦走路。とにかく山がひとつひとつでかい。(1987/08/13撮影)

振り返り見た北岳。ピラミダルな山容が美しい。(1987/08/13撮影)

1987/08/12

■05:25 広河原 ■07:40 大樺沢二俣 ■09:50-10:50 稜線 ■11:25 肩ノ小屋

涼しい沢沿いを休み休み登りました。二俣から上は、シシウドの目立つ花畑の中をジグザグを切ります。稜線に出たところで、仙丈ヶ岳を見ながら昼食。

肩ノ小屋に着く頃にはすっかり雲が空を覆い、暗くなっていました。夜8時頃外に出ると、北方の積乱雲中で雷が音もなく白い電光を発していました。

1987/08/13

■03:55 肩ノ小屋 ■04:30-06:25 北岳

05:04御来光。これから辿る3,000mの稜線が明るい。山頂直下で雷鳥の親子に会い、一同感激しました。

■07:30-08:15 北岳山荘

テレホンカードを購入し、早速東京へ電話してみました。とにかくこの日は、のんびりした行程です。

■08:45-50 中白峰 ■09:40-11:00 間ノ岳

間ノ岳山頂で昼食。K氏がラーメンの鍋を引っ繰り返しました。あちらでは、ワンゲルの女子が「今日もごはんをおいしくいただき〜」などと元気よくコーリング。夏の日差しの中で昼寝から覚めると、塩見岳にかかっていた雲は次第に勢力を増して西方を覆っています。農鳥小屋へと下るにつれ西農鳥岳が圧倒的ボリュームで迫ってきました。

■11:50-12:30 農鳥小屋

農鳥小屋に到着し、宿泊の手続。遠くに見える熊ノ平小屋を指差し「あそこの味噌汁はマズイ」というK氏の解説を聞きながらビールを飲んでいるうちに西農鳥岳にかかっていたガスがとれたので、空身で足を延ばすことにしました。

■13:05-25 西農鳥岳

行く手には明日越える農鳥岳から広河内岳の稜線。振り返ればやはり間ノ岳の巨体に圧倒されます。このあたりになると、砂浴びをしている雷鳥を見ても「なんだ雷鳥か」となってきましたが、そのうち雨に降られ、小屋へ駆け戻りました。

■13:45 農鳥小屋

途中のクルマユリの花畑と冷たく豊富な水が嬉しい水場は、「水場まで5分」の標識を信じて下ると実は10分以上。

1987/08/14

■03:45 農鳥小屋 ■04:20 西農鳥岳

山頂は真っ暗。穂高のような(K氏:談)岩稜のトラバースが続く辺りから明るくなりました。途中、岩に引っ掛けてズボンの尻にかぎ裂きを作ってしまいました。

■05:00-06:30 農鳥岳

山頂でバンザイをしますが、ガスで視界ゼロ。さっさと下って行く登山者を横目で見ながら、弁当を広げてぐずぐずしているうちに、6時頃突然ガスが切れ始め、南に荒川三山、塩見、西に中ア、東に富士山が姿を現しました。先に見切りをつけて下った登山者はかわいそうに、と思いながら、自然に笑みがこぼれてきます。

■06:50-55 大門沢下降点

噂の急降下は思ったほどではなかったのですが、かなり下ったところでK氏が農鳥小屋に財布を忘れたことに気づき狼狽。結局奈良田から小屋に電話して、後日送っていただけることになりました。

■08:45-09:15 大門沢小屋

ここまでくればあとわずか。S氏が最後まで隠していたパイナップルの罐詰とK氏のブドウパン、ビールで祝杯。

■11:15 第一発電所

奈良田まで車で行き、嬉しい温泉につかりました。白籏史朗の写真館を見学してから、バスに乗りました。