宝剣岳 / 木曽駒ヶ岳

山頂 木曽駒ヶ岳2,956m
分類 中央アルプス
日程 1987/08/01-02
同行
概要 ロープウェイで2,600mの千畳敷に上がり、乗越浄土から稜線に登って宝剣岳と中岳をピストン。天狗荘に泊まった翌日は主峰・木曽駒ヶ岳から濃ヶ池・駒飼ノ池の周遊コースを巡り、さらに伊那前岳を往復して千畳敷に戻る忙しいプラン。

中岳から宝剣岳方面を望む。その先の空木・南駒まで縦走できたのは8年後のこと。(1987/08/02撮影)

伊那前岳から木曽駒ヶ岳を望む。夏山の素晴らしさを満喫した山旅でした。(1987/08/02撮影)

1987/08/01

■12:50 千畳敷

チングルマ、シナノキンバイが花盛りの有名なカールを抜けて、乗越浄土を目指してがらがらの道を登りました。

■13:55 乗越浄土 ■14:10-25 天狗荘 ■14:50 宝剣岳 ■15:35 中岳 ■16:05 天狗荘

妻を下に残し、鎖を伝って登った宝剣岳の山頂は狭く、あいにくのガスで展望はありませんでした。天狗荘は意外にすいており、一部屋を二人で占領することができました。

1987/08/02

■06:15 天狗荘

早朝、中岳まで行って御来光を仰いでから小屋に戻り、朝食後に木曽駒目指して出発。中岳の左を巻く道は西側がすっぱり切れ落ちており、スリリング。

■06:50-07:20 木曽駒ヶ岳

真っ白な雲海の上の大展望に心底感動しました。北には槍・穂、乗鞍、御岳が大きく、東は南ア、南に宝剣・空木。

■08:20-50 濃ヶ池 ■09:30 駒飼ノ池 ■10:00-10 宝剣山荘

濃ヶ池は岩とハイマツと花の尾根を下ると静かな空中庭園。そのままトラバースして着いた駒飼ノ池はほとんど涸れてしまっていました。

駒飼ノ池から稜線までの登りで妻はすっかりバテバテ。やっとの思いで辿り着いた宝剣山荘に妻を休ませて、一人で伊那前岳を往復しました。

■10:20 伊那前岳 ■10:30 勒銘石 ■10:55-11:00 宝剣山荘 ■11:50 千畳敷山荘

勒銘石からの木曽駒は、すっきりした姿をしています。いかにも夏山の雰囲気を満喫してから宝剣山荘に戻り、妻をピックアップして下山しました。