丹生山系縦走

山頂  
分類 近畿
日程 1983/11/20
同行 神戸労山の皆さん
概要 神電藍那駅から丹生たんじょう山系縦走路。長坂山の西を抜けて山田川沿いの集落に抜けた後、丹生神社表参道から山系に入り、東進して大池に至る。

1983/11/20

兵庫労働基準局のN氏の紹介で、神戸労山のハイクに参加。

■09:05 神電藍那 ■10:05 丹生神社前バス停 ■10:50 丹生神社

駅の改札で待ち合わせ、長坂山の西、なだらかな枯葉の丘を越えました。川沿いののどかに開けた所で、柿の木には熟した実がたわわ。表参道で15分休憩。登り着いた丹生神社は、草に囲まれた鳥居を左に見送って進みました。

■11:40 岩谷峠 ■11:50-12:35 双坂池

下手な釣り人を見ながら堰堤の上で弁当を広げました。自分で弁当を作ったのは、後にも先にもこの時限り。

■12:50 稚子ガ墓山

ゴロゴロ石の急な登りで本コース最高点へ。稜線からの裏六甲〜淡路の一大パノラマに気を良くしましたが、先程から靴ずれで足が痛くなってきました。

■13:10 肘曲り

坂をバイクで登る者数名。あえぎあえぎ登り着いた所はゴルフ場でがっくりしました。

■13:55 鰻ノ手池 ■14:40 天下辻 ■14:50 神電大池

予定では天下辻からさらにナダレ尾山へ向かうことになっていましたが、足を痛めた私を見かねた各氏がコースを短縮してくれました。反省。