広沢寺弁天岩

山頂  
分類 ゲレンデ
日程 2013/03/17
同行 ツジタ夫妻(さとし・yokko) / スミヨさん
概要 八ヶ岳山行を念頭に置いたアイゼントレーニング。

広沢寺弁天岩の半日。この日も大賑わい、早出しておいて本当によかった。(2013/03/17撮影)

2013/03/17

■08:20-14:40 広沢寺弁天岩

「登處 八丁堀」の仲間たちの「雪山への目覚め」(?)を後押しすべく、広沢寺弁天岩でアイゼントレーニング。yokkoさんもスミヨさんも、新調したばかりのスポルティバ「ネパール EVO GTX」とグリベルのアイゼンのお披露目です。ま、普通アイゼンを買ったばかりの人がいきなり岩壁でトレーニングなどしないものなのですが(笑)、やれば必ず益のあることではあります。

岩場が混むことを予想して午前8時に現地に着いたのですが、それでも既に何組かロープを垂らしており、さらに我々が準備をしている間にも続々と人がやってきました。最初は右の低い壁でラインの合間を縫うようにTRでの練習の繰り返し。ツジタ氏にはプレゼントファイブ(5.7)のリードもしていただきましたが、皆さん安定した登りで、あえて何かを教える余地などほとんどありません。あと必要なのは、スピードアップ!冬山は、そこにいるだけで生命を消耗する世界ですからね。

いったん行動食をとってから、他人の隙を窺いつつyokkoさんを引っ張ってクラックルート(IV+)を上まで。さらに一般中央ルート(IV+)が空いたので中間の支点まで登ってトップロープを張り、ここで傾斜のきつい岩壁での練習。私が夕方に用事があったために14時過ぎまでしか練習できませんでしたが、そこそこいいトレーニングになったのではないかと思います。

朝、都内から広沢寺へ向かう途中の車中で、yokkoさんがカミングアウト。

「私、このところ肩が痛むんです。……もしかして、○十肩?」

yokkoさん、ようこそ!とうとうこちらの世界へ足を踏み入れましたね(喜色満面)。