横岳西壁小同心クラック

山頂 横岳2,829m
分類 関東周辺 / アルパイン
日程 2012/10/20-21
同行 ツジタ夫妻(さとし・yokko) / 常吉さん
概要 初日は赤岳鉱泉まで。二日目に大同心稜を登り、大同心ルンゼを渡って小同心クラックを登攀。横岳山頂から硫黄岳方面へ少し下ったところから大同心ルンゼに入り、大同心稜を下降して赤岳鉱泉帰着。その日のうちに下山。

大同心稜から小同心クラックを経て横岳山頂へ、そして再び大同心稜を下降。帰路にはカモシカにも遭遇。(2012/10/21撮影)

北鎌尾根をご一緒した八丁ボル友のツジタ夫妻とセキネくんを、今度はライトアルパインにお連れしようということで選んだ先は、八ヶ岳の横岳西壁小同心クラック。これまで秋・冬・春と季節を変えて4回登っているルートですが、最後に登ったのは6年前のちょうど今頃です。これだけ久しぶりなら、私自身もそこそこ新鮮な気持ちで登ることができるでしょう。ところで、3人を引っ張るとなるとさすがに私一人では無理なので、頼りになる山仲間の常吉さんに同行をお願いしたところ、二つ返事で引き受けて下さいました。作戦としては、常吉さんにセキネと組んでいただき、私はツジタ夫妻をまとめて引っ張る予定。ところが、残念ながら直前にセキネくんの都合が悪くなり、登攀時は「yokko・常吉ペア」と「ツジタ・塾長ペア」の2組ということになりました。しめしめ、それならツジタ氏にリードを任せられる場面も出てくることでしょう。

2012/10/20

■12:20 美濃戸 ■13:50 赤岳鉱泉

朝、登攀成功を祈願して斎戒沐浴(「朝風呂」とも言う)している間に、常吉さんから予定外の着信アリ。なんだ?と思って残されたメッセージを聞いてみれば……「酒買って来い」でした。ヤレヤレ。やがて私の自宅近くの交差点に到着した「赤い彗星」ことツジタ夫妻のトヨタ・クルーガーに乗せていただいて、中央道を目指しました。幸い、さしたる渋滞につかまることもなく美濃戸口まで到着し、さらにいつもなら歩きとなる美濃戸までの道へもそのまま乗り入れて、やまのこ村まで車で入ることができました。天気は絶好、山は紅葉シーズンとあってやまのこ村の駐車場は11時半前でほぼ満車状態。ツジタ号も辛うじて奥のスペースに停めることができ、後からやってきた常吉さんと無事に合流できました。

美濃戸から赤岳鉱泉までは、通い慣れた道。黄葉の盛りにはまだ少し早い感じでしたが、気分よくのんびりと歩きました。この日は晴れてはいるものの雲が多く、やがて見えてきた横岳の山頂部分は雲に隠されていましたが、それでも我々が近づいていくと、サービス精神旺盛な大同心と小同心がちらりと姿を見せてくれました。

受付で宿泊の手続をして大広間に場所を確保しましたが、駐車場の混み具合から相当な人数がこの赤岳鉱泉に入っているものと覚悟していたのに、意外にゆとりあり。何はともあれ談話室に移って、常吉さん持参のワインと私が持参した日本酒、それにツジタ氏たちのアテで軽く酒盛りとしました。ストーブに火が入っていない談話室は案外寒く、そこそこ飲んだわりにはあまり酔いが回りません。アルコールが尽きたところで常吉さんとツジタ夫妻は風呂へ、私は寝床で爆睡。

夕食は、ステーキとサラダ、けんちん汁でした。ここの夕食の美味しさには定評があり、これを是非セキネくんにも味わっていただきたかったのですが……合掌。←おい!

2012/10/21

■06:40 赤岳鉱泉 ■07:20-35 大同心取付下

朝食を小屋でとってから、いざ出発。遠くの赤岳の斜面に雪がまだらに着いているのに驚きながら、しかし我々の行き先は反対方向。硫黄岳方面へ少し歩いて最初に出てきた沢筋が大同心沢で、「危険」と書かれたプレートが下がったロープをくぐって踏み跡を辿り、樹林に覆われた大同心稜の急坂をぐんぐん登りました。

樹林が尽きる少し手前の平坦地でザックを下し、ヘルメットやハーネスを装着。天候は文句なしですが予想以上に寒く、私はヤッケを着た状態でハーネスのベルトを締めました。道には発達した霜柱がところどころに綺麗に姿を見せていましたが、すぐに大同心基部の岩場に乗り上がり、ここから大同心を右に回り込んで大同心ルンゼを下りました。

その先、小同心の取付までの草付は存外悪いという印象が残っていたのですが、実際には比較的しっかりした踏み跡が続いていて、問題なく小同心の基部へ達することができました。

■08:20-35 小同心取付

小同心基部の安定したテラスで、これから登るルートを見上げながらロープを結びクライミングシューズを履きました。こちらから見る大同心は正面からのこけし型とは全く異なり、切り分ける前のスコッチケーキが八ヶ岳の主脈からにゅっと押し出されたような異様な姿をしていて(←なんのこっちゃ)、この光景を初めて見たyokkoさんは、驚くやら喜ぶやら。しかし、ここは西面なので日が当たらず底冷えがしており、後続組となる常吉さんはペンギンのような姿になって「スピーディーに登れよ」という無言のプレッシャーをかけてきています(笑)。はいはい、がんばりましょう。

1ピッチ目、私のリード。以前登ったときは、出だしに残置ピンがあったと思うのですが、今回は見当たりませんでした。要するに落ちなければいいのだな、と考えながらボコボコのフェースを15m左上し、凹角に入って直上。途中残置ピン2箇所にランナーをとった後に最初に出てきたペツルのボルトの支点はまだ距離が短いのですが、ロープの流れや声の通りにくさもあり、ここで切りました。まあしかし、その5mほど上にある支点の方が足場も広いテラス状で安定しており、そこまでロープを伸ばすのが正解だったでしょう。

2ピッチ目も、私のリード。凹角をさらに登って支点が作られているテラスを右寄りに回り、さらに立った凹角の中をぐいぐいと登って行きます。最後に急なチムニーをステミングで真上に登ると小テラスに出て、そこまででもロープに多少のゆとりあり。後続のツジタ氏もまったく問題なく登ってきましたが、スポートルートではあり得ないワンピッチの長さに驚いているようでした。確かに長いと言えば長いのですが、それにしても寒い!久しぶりにバラクーダを履いた足は、冷たさのために感覚をすっかり失ってしまっています。早くお日様の下に出たいぞ。

3ピッチ目は長さが短く、ルートファインディングの問題もないので、ツジタ氏にリードを委ねることにしました。ここは出だしの突き出した岩をかわして上に乗り上るところをクリアすれば、後は簡単。もちろんツジタ氏もいとも簡単にここを抜けて、すぐに待望の日差しの中に飛び出していきました。ちょうど常吉さんがステミングのチムニーを抜けてきたところで上からお呼びがかかり、支点を常吉に譲って私もフォローしましたが、一週間前の広沢寺でのトレーニングの成果があって、セカンドを迎えるための支点構築もノープロブレム。アルパイン初リードの成功です。

小同心の頭でビレイを解除し、ロープを結んだまま横岳直下まで稜線漫歩。山頂からは登山者がちらちらとこちらを見ている様子が見てとれましたが、このルートはその登山者の皆さんが待つ山頂へダイレクトに登り詰めるのがいいところです。最後の易しいワンピッチもツジタ氏がリードしたのですが、記念撮影中の登山者をかきわけて山頂標識に支点を作るのは憚られたらしく、ツジタ氏から「支点を作る場所がありません!」コールがありました。仕方ない、やはりここでも「落ちなければいいのよ(by 大村摩耶@『オンサイト』)と後続……。

横岳山頂でシューズを履き替えてほっと一息。しばらく待ったところで小同心の頭に常吉さんが、さらにずいぶん後にyokkoさんが姿を現し、山頂の我々とお互いに手を振り合いました。最後の急斜面の登りはyokkoさんのリードで、ランナウトに緊張しながらも無事に山頂に到着。常吉さんもすぐに後続して、これで登攀無事終了です。お疲れさまでした。

■10:15-55 横岳山頂 ■11:10 稜線から下降開始 ■11:55-12:15 大同心取付下

快晴の横岳山頂で広闊な展望を楽しんでから、ヘルメットとハーネスは身に付けたまま、硫黄岳方面へ下山開始。登山道をしばらく進んだところから稜線を離れ、左手の大同心ルンゼ源頭部に足を踏み入れました。この下降は6年前にも行っているのですが、今となってはすっかり忘却の彼方。それでも勘を働かせて、まずは左下に見えている小尾根へ斜めに下り、ついで右手の大同心方面の斜面の切れ込みに向かって下降。岩場になれば適当にルートファインディングを行い、若干のクライムダウンも交えて下り続けると、無事に大同心基部のバンドに下り立つことができました。

自然の回廊になっている大同心基部のバンドを辿り、大同心雲稜ルートを登る3人パーティーと挨拶を交わしてから大同心稜を少し下った安定した場所で、装備一式をザックにしまいました。あとはしっかりした踏み跡を下るだけ……と思っていたら、思わぬ伏兵が!立派な体格のカモシカが道の上に居座っていて、先頭を行くyokkoさんとにらみ合いになってしまいました。これ幸いとしばらくは写真を撮りまくったのですが、いつまでもそうしてはいられないのでyokkoさんに蹴散らしてもらうことにしたところ、その殺気を感じたのかカモシカ君は道を空けて樹林の中へ消えていってくれました。

■12:55-13:20 赤岳鉱泉 ■14:30 美濃戸

赤岳鉱泉でラーメンやカレーの昼食をとって、後は平坦な登山道を北沢沿いに下るだけ。抜けるような青空の下の横岳の姿を振り仰いで感嘆の声を上げ、道中の紅黄葉に癒されながら、爽やかな秋の山道を歩き続けました。

抜けるような青空の下の、大同心と小同心。(2012/10/21撮影)

下山の途中で見かけた、輝くような紅葉。最後まで、楽しい山行でした。(2012/10/21撮影)

ツジタ夫妻は、マルチピッチの手順についてはそれこそ付け焼き刃の練習しかできていないはずですが、事前にお渡しした技術書も読み込んで本番でしっかり対処できていたのは立派です。もともと登攀技術には問題がないので、あとは支点構築など「仕事」の部分の手際を磨けばOK。アルパインではとにかく、スピード=安全ですからね。そして常吉さん!おつきあいいただきありがとうございました。来年、またご一緒する機会を設けさせていただきます。