第1回足立フレンドリーマラソン

山頂  
分類 ラン
日程 2010/12/23
同行 マドカ / ケイ氏夫妻 / ゴディーさん
概要 第1回足立フレンドリーマラソン〔ハーフ〕。

10月の米子沢遡行の際にゴディーさんから教えてもらった「第1回足立フレンドリーマラソン」に参戦。今シーズン最初のハーフマラソンです。

2010/12/23

この日は素晴らしい青空!……なんですが、会場の虹の広場に着いてみると、荒川沿いの吹き抜けの地形にびゅんびゅんと唸りを上げる強風。ラン友マドカと落ち合い、さらにケイ氏やゴディーさんとはゴール後の合流をメールで約束して、着替えにかかりました。この大会ではあらかじめゼッケンとチップが自宅に送られてきていて、受付の手間がほとんどないのはGood Pointです。さっさとランの格好に変身し、荷物を所定の位置に預けてスタートラインへ。

マドカのコスプレはサンタ。しかし上には上がいて、このサンタルックで顔は「猿の惑星」のマスクという猛者もいました(しかも速い!)。

待機中。準備万端ですが、スムーズな大会運営のおかげで、たぶん事故者は出なかったものと思います。

スタート。最初はのんびりと、そして徐々にスピードを上げて。コスプレは比較的少なく、季節柄上記のサンタルックが目立った他、定番のタイガーマスク、ケロロ軍曹など。

コースは、前半はひたすら下流に向かって進み、後半は折り返して上流へ向かいます。経験則からすると、上流に向かうときに厳しい向かい風に押し戻されるようになるのですが、いざ走り出してみると風はそれほど吹いているようには思えません。概ね平坦で走りやすいコースをどんどん下流に向かって進みましたが、5kmごとの給水所というのも適正な間隔で気分よく走れました。しかし、折り返し点から引き返し始めたところで様相は一変。前半風を感じていなかったのは単に追い風になっていたからで(←アホ)、向きを変えてみると思い切り風が障害となって立ちはだかります。のべつまくなしの強風!というわけではなかったのですが、それでも、土手を飛び立った雀の群れが風に押されて前進できず、しばらくホバリングしているうちに力負けして散り散りに吹き飛ばされたのを見たときには、こちらの心も折れてしまいました。

ゴール。向かい風にめげながらも、せめてキロ6分は切らなくては……と低次元での頑張りを見せました。結局、タイムは2時間5分39秒。せめて2時間は切りたかったのですが、まあ今シーズン最初だし、キロ6分を切ったことでとりあえずよしとしましょう。なお、全体に大会運営はスムーズで、沿道の人たちやボランティア(?)の声援も温かく、次回も出走したいと思わせてくれるレースだったことを付言しておきます。

左からケイ氏の奥さん、ケイ氏、ゴディーさん、マドカ。ケイ氏は1時間33分、マドカは(コスプレなのに)1時間50分。奥さんとゴディーさんも10kmの部に参加していました。この後、北千住駅ビル内のルミネで食事をして解散。お疲れさまでした。

完走証。来月のフロストバイトでは2時間を切りたいのですが、果たして……。