阿弥陀岳北稜

山頂 阿弥陀岳2,805m
分類 関東周辺 / アルパイン
日程 2010/02/14
同行 きむっち
概要 赤岳鉱泉から行者小屋を経て阿弥陀岳北稜を登る。山頂からは前日と同じく中岳沢を下り、行者小屋から美濃戸へ下山。

阿弥陀岳北稜全景。肉眼では、第二岩稜に取り付こうとしている人の姿も見えました。(2010/02/14撮影)

第二岩稜下部。ふたつ前のパーティーが抜けようとしているところ。(2010/02/14撮影)

第二岩稜上部。階段状で簡単。(2010/02/14撮影)

終了点間近。雪のナイフリッジを渡ると、普通に登山者が歩いている姿が見えるようになります。(2010/02/14撮影)

→「阿弥陀岳中央稜」からの続き。

2010/02/14

■06:55 赤岳鉱泉 ■07:25-35 行者小屋

6時には出発するつもりで就寝したのですが、夜中に目を覚まして時計を見ると表示は「22:35」。あら、まだこんな時刻?再び眠りこんで、ずいぶんたったと思われる頃に再び目を覚ましたところ、時計の表示はやはり「22:35」。いつの間にか、標高表示になっていたのでした……。結局、もろもろあって赤岳鉱泉を出たのは7時前。しかし空はこれ以上ない快晴で、今日登る北稜もそれほど時間をとるルートではないので、まあ大丈夫でしょう。

中山乗越までの登りを朝一番のいいウォーミングアップとして、行者小屋にスノーシューなどをデポしてから、昨日下りてきた中岳沢の道に入っていきます。2003年にNiizawa氏と北稜を登ったときは、この道をある程度詰めてから右の急斜面に取り付いたのですが、今回は中岳沢に入ってすぐの場所から踏み跡にしたがって右の尾根筋に移ってみたところ、樹氷のトンネルを行く非常に歩き易いルートになっていて、快調に高度を上げることができました。

やがて雪稜を過ぎて傾斜がぐっときつくなり、第一岩稜と呼ばれる顕著な尾根筋にかかったところで先行の男女パーティーに追いつきました。彼らはここでロープを出していましたが、このあたりは樹木が手頃なホールドを提供してくれるので慎重にいけばロープは不要です。

■08:45 第二岩稜取付

急斜面を抜けていったん傾斜が落ちると、目の前に黒々とした第二岩稜の末端。先行パーティーのさらにひとつ前のパーティーのセカンドが抜けようとしているところでしたが、以前Niizawa氏と抜けた奥の凹角ではなく、末端すぐそばの立った壁を越えている様子。先行パーティーは我々に先を譲ろうとしてくれましたが、「我々も遅いですから〜」と厚意を謝しつつ待機。背後の八ヶ岳主稜線の眺めなどを愛でながら、トップの男性がグラブを脱いで登り、さらにセカンドの女性が大奮闘の末に抜けていくのを見守りました。う〜む、やはりここは難しいわけね?

click

ここは私がリードさせていただくことにして、アンザイレン。取付を見上げてみるとドアノブ状のホールドがポイントになっていて、そこまでの手順・足順をていねいにこなせばアンカーボルトもあり一安心。そこからリップ上へ乗り上がるところを先行の二人はずいぶん大胆なムーヴでこなしていましたが、それは現場で考えることにしました。試みにグラブを脱いで岩に触ってみると、日が当たっているせいで冷たさを感じないので、それではと素手で登ることにします。左側面の遠いホールドで身体のバランスを支えながら二段ほど登ったところでドアノブを握り、クイックドローをボルトにかけてクリップ。そこから上へ登るのはどうするのかな?と観察してみると、ドアノブの右横の壁に歴代のクライマーがアイゼンの前爪を差し入れたと思われる穴が都合よく空いていたので、そこに右足先を差し入れてリップの上のホールドを頼りに身体を引き上げれば、ドアノブの上に立つことができます。ここまでこなして「難しくないぜ」などと余裕のコメントをきむっちに告げたところで、左手の中指と薬指が感覚をなくし棒のようになっているのに気づき、動揺。あわてて岩に貼り付いた態勢のまま口の中で指を解凍してからグラブをはめ直し、さらに左に見つけた凍り付いたリングボルトを掘り起こしてクリップすると、恥も外聞もなくクイックドローをつかんでリップ上に乗り上がりました。やれやれ、グラブをはずすんじゃなかった。しかし、その後も意外に立った岩稜上を、立った壁に胸を圧迫されながら細いバンドを回り込んだり、今にも抜けそうな岩をつかみながら急斜面をランナウトしたりと気の抜けない登りが続いて、ようやく見覚えのある奥の岩峰の手前までロープを伸ばしました。第二岩稜、侮りがたし……。

すんなり後続してきたきむっちが、奥の岩峰を越えてその先の雪のナイフリッジ上を進み、さらに雪斜面上にロープを伸ばす間、私の方は右隣の北西稜に注目。こちらでもやはり男女パーティーが登っていて(昨日といい今日といい、阿弥陀岳はなぜアベックばかりなのか?)、ちょうど核心部にさしかかるところでした。2005年に現場監督氏と私とで登ったときはガスの中だったのでいまいちルートの様子を客観的に見ることができなかったのですが、こうしてみるとけっこうな急傾斜。なるほど、あそこの岩場はああいう形になっていたのか、としばし記憶を遡らせているうちに、きむっちからロープの残りを訊ねるコールがかかりました。おっといけねえ、あと5mしかなかった。

きむっちにスタンディングアックスビレイで確保してもらって、私も目の前の階段状の岩を越えると、ビレイするきむっちの向こうには一般ルートを登る登山者の姿が見えていました。

■10:10-20 阿弥陀岳 ■11:00-35 行者小屋 ■12:45 美濃戸 ■13:30 美濃戸口

そのままロープを引っ張って、再び阿弥陀岳山頂に到着。この日は昨日とはうってかわって素晴らしい展望が広がり、南・中央・北アルプスが一望。南の方には富士山もくっきり見えています。これだから、冬山はやめられないんですよね。

click

強風の中、10分ほども写真を撮りまくってすっかり満足。昨日と同様に赤岳側の急斜面を、きむっちの背中を追いかけながら下りました。