湯河原幕岩

山頂  
分類 関東周辺
日程 2008/04/20
同行 現場監督氏 / ムラタさん
概要 湯河原幕岩の正面壁で半日を過ごす。最後にちらっと茅ヶ崎ロック。

この日登った(触った?)ルートの数々。TR-Dayと称して、全部TRで登りました。(2008/04/20撮影)

2008/04/20

■08:30 幕山公園 ■08:45-16:00 正面壁 ■16:20-17:00 茅ヶ崎ロック ■17:20 幕山公園

春も終わりの日曜日、湯河原幕岩へ現場監督氏とムラタさんと。前夜ワインをがぶ飲みしたためよっぽどドタキャンしようかと思いましたが、友達をなくすと岩に登れなくなるので、歯を食いしばって早朝の電車に乗りました。

この日はムラタさんのリクエストで正面壁エリアを目指しましたが、トポに載っている多くのルートが自然に還っている模様。さらに「BIG ROCK」のスクールが正面壁で開催されているようでめぼしいルートには既に人がとりついている状態であったため、ムラタさんは眉間にしわを寄せながら登れるルートを探しまわる羽目になりました。結局、正面壁で私が触ったのは以下の各ルート。二日酔いにつき、全部TR。

  • リフレクション右(5.9)
  • ともだちプライス〜?(5.9)
  • ポニーテール(5.9)

「リフレクション」はテラス上の厳しい右上でヌンチャクをつかみました。「ともだちプライス」はいつの間にか右隣のクラックに逃げてしまい、「岩の弱点を突こうとする山屋の本能が」と苦しい言い訳。このあたりで、大岩あき子さんと一緒に登っている女性クライマーの顔にどうも見覚えが……と思ったら、以前「ストーン・マジック」でご一緒したことがあるいくさんでした。ほぼ4年振りに言葉を交わしましたが、フリークライミングに対するモチベーションはまったく変わっていませんでした。「ポニーテール」は場所を移して「No.7ルート」の左隣。途中のレイバックで上がるところで作戦を誤り一度ぶら下がりましたが、これは次回RPの可能性があるかもしれません。

朝早く集合したわりには、ぽかぽかと暖かい陽気にまったりと登ったため、ほとんど本数を稼げないままに夕方になってしまいましたが、現場監督氏が「帰還兵」を落としたいというので茅ヶ崎ロックへ移動。

  • 帰還兵(5.10c)

2週間前に目の前でSakurai師にこのルートをさらわれていた現場監督氏は内心相当期するものがあったようですが、いきなりファーストクリップ手前でグラウンドフォールして動揺したのか、結局この日もRPならず。残念でした。一応私も、TRで触ってみましたが、結果は秘するが花でしょう。