広沢寺弁天岩

山頂  
分類 ゲレンデ
日程 2007/03/21
同行 デチ / まっきー
概要 岩登りのゲレンデ・広沢寺弁天岩でトレーニング。

デチ@花婿募集中。TRながら、大奮闘の末に最左端ルート(IV+)を完登。(2007/03/21撮影)

まっきー@上に同じ。初アブミできっちり巻き込みの姿勢を作った。(2007/03/21撮影)

2007/03/21

■10:20-14:50 広沢寺弁天岩

デチ&まっきーを連れて広沢寺弁天岩へ。

今日の広沢寺は凄い混雑で、いつも使っている右壁や中央のスラブはロープのすだれが幾重にも垂れ、割り込む余地なし。本当はゆるやかな右壁を使って初リードを体験してもらおうというのがこの日の練習のメインテーマだったのですが、仕方なく最左端ルート(IV+)を登ってロープを張り、二人に練習してもらいました。このルート、本当に久しぶりに触ったので自分のリードもおっかなびっくりになってしまいましたが、デチもまっきーも少々苦戦。特にデチは何度もセミになりかけていましたが、それでも最後まで登りきった根性は称賛に値します。

続いて、まだ混雑が収まらないのでナバロン右手のハングでアブミに触ってもらいましたが、まっきーがきっちり巻き込みの姿勢を作れたのにはびっくり。センスがいいのかも。一方デチは、リストループにぶら下がることすらできず。まぁ、アブミはちょっとしたコツがものを言うので、練習を重ねればいずれ巻き込みの感覚を会得することができるでしょう。

これで終わったのではアブミを使いこなせなかったという悪いイメージを引きずることになるので、最後に、ようやく隙間ができた右壁を軽く登って懸垂下降で癒されて、今日の練習を終了。二人とも、お疲れさまでした。

練習終了後、近くの七沢荘で温泉につかりお肌をつるつるにして出てきたデチとまっきー。洗い髪がざんばらになったまっきーに「いくさに破れた武将みたいだぞ」と言うと、「落武者系ですか!」となぜか大喜び。しかし、この後まっきーの地元である大宮方面に移動することになっているので、すっぴんの顔を知人に見られることを気にしています。

私「(素顔なので)誰も気がつかないから大丈夫」
ま「……いま、さりげなく失礼なことを言ってませんか」
デ「塾長さん、それはフォローになってません」

←七沢荘のちょっと色っぽいリーフレット

大宮まで長駆移動して、kuroさんと合流。本当はデチの誕生日が近いのでそのお祝いをする予定だったのですが、このところ仕事が忙しいデチは翌日に備えて早めに帰宅することになり、残る3人でのただの飲み会となってしまいました。それでも、たくさん食べて飲んで、kuroさん・私・まっきーが2:1:1くらいの割合でおしゃべりをして、楽しく過ごしました。