クワウンナイ川

山頂 化雲岳1,954m
分類 北海道 / 沢登り
日程 2006/08/09-12
同行  
概要 天人峡からクワウンナイ川を遡行し、二日目に稜線に出てヒサゴ沼避難小屋泊。雨で1日停滞ののち、沼ノ原から下山。

click

滝ノ瀬十三丁の入口となる魚止ノ滝。上の画像をクリックすると、クワウンナイ川の遡行の概要が見られます。(2006/08/10撮影)

滝ノ瀬十三丁のナメ。ここにたった一人でいることの幸せをかみしめながら歩きます。(2006/08/10撮影)

ヒサゴ沼避難小屋から沼ノ原への下山。たくさんの幻想的で美しい光景に巡り会えました。(2006/08/12撮影)

この夏は、5年振りに北海道に渡ることになりました。毎回お世話になっているK・S両氏とも連絡をとりあった結果、まずは単独でクワウンナイ川を遡行して反対側の沼ノ原から下山したところでS氏と落ち合い、ついで両氏と共にワンデイの平山を登って、最後は層雲峡から表大雪を縦走して旭岳へ抜けるプランとなりました。クワウンナイ川は、長い間気にかかっていた憧れの沢です。登山を始めた初期に購入した「空撮登山ガイド」シリーズの中に北海道の山を紹介した巻があって、そこで「滝ノ瀬十三丁」を擁するこの沢の素晴らしさが紹介されており、いつかは遡行してみたいと思っていました(「空撮登山ガイド」が動機というのは、南アルプスの鋸岳と同じパターン)。

なお、この山行を含む旅のあらましについては、[こちら]を参照。

2006/08/09

■11:05 林道入口 ■11:20-35 入渓点 ■16:55 カウン沢出合幕営地

朝一番のフライトで降り立った旭川空港から、あらかじめ予約してあった「ちどりハイヤー」の車で天人峡温泉へ。林道入口を見つけるのにひと苦労したのですが、どうにか11時過ぎに歩き出すことができました。林道に入ってすぐのところに上川中部森林管理署・東川町・美瑛町の連名の掲示があり、そこにはこういうことが書かれています。

  1. 入渓できる期間は、7・8月のみです。それ以外の期間の入渓は禁止します。
  2. 沢登りの技術を有していない者の入渓は禁止します。
  3. 所定の登山届・入林届の提出を行っていない者の入渓は禁止します。
  4. 遡上登山の決定、事故処理の体勢整備は、全て入渓者の自己責任において行うこと。
  5. 入渓の留意事項・マナーを遵守して下さい。

事故が続いたために数年前まで入渓禁止の措置がとられていたのですが、2004年からは上記の条件のもとに入渓が認められています。いろいろな経緯のもとに定められた決まりであり、きちんと守りたいものです。

背の高い掲示板の下をくぐって草の伸びた細い林道を進むこと15分、林道の右下に出合が現れて、ここがポンクワウンナイ川とクワウンナイ川の合流点だとわかりました。踏み跡にしたがって河原に下り沢靴に履き替えましたが、これなら車道でいきなり沢靴に履き替えておいてもよかったでしょう。

クワウンナイ川に入って最初のうちは浅瀬歩き。何度か左右に徒渉しましたが、深くても膝上までで困難は感じられません。45分程遡行したところでゴルジュ状になり、いつものメンバーなら突っ込むところかもしれませんが、今回は単独で荷が多いこともあって、左(右岸)の巻き道の世話になることにしました。巻き道は高いところと水際から2mくらいのところの2ルートあるようで、どちらでもそれほど難しくはなさそう。私は高い方を選択しましたが、ゴルジュの先へ下り始めるところが若干微妙で時間を使いました。

ゴルジュを越えると、再び平凡な河原歩きに終始します。雨は降りそうにありませんが、いまひとつすっきりしない曇天で気分も曇りがち。たまに出てくる壁の柱状節理や滴り落ちる湧き水がアクセントにはなりますが、基本的には浅瀬やごろごろの河原を歩き、行き詰まったら対岸へ徒渉することの繰り返しにすぐに飽きてしまいます。遡行開始後2時間弱で左岸に広い幕営適地が現れましたが、今日はカウン沢出合まで達するつもりなので、休憩もとらずに先を急ぎました。しかし、実のところは休憩をとろうにも、えらく人なつこい羽虫の群れや、熱烈なキスを迫るブヨがまとわりついて、ゆっくり足を停めることができません。途中で行動食をとるときも座ることができず、降ろしたザックの周りを歩き回りながら口にする始末でした。

14時過ぎ、標高876mで左から支沢を合わせるあたりから、さすがに「川」というより「沢」らしくなってきました。川幅は狭まり、水流の勢いが増して、それにところどころに楽しい岩登りの要素も出てくるようになります。15時頃右岸の一段高いところに狭いながらもきれいに整備された幕営適地を見つけましたが、ここも通過。その先30分程のところに左岸を細かいホールド頼みにへつるところがあって、不覚にもここでハマりかけました。しまった、まさかこんなところで進退窮まるとは、と一人であせりながら水中をよく見ると、水面下すぐのところにフットホールドがあってまったく問題なし……。

不気味なストックが目印のように残置されているのを見送って先を急ぐと、ようやく顕著な二俣が前方に見えてきました。今日の泊まり場、カウン沢出合です。テン場は左岸で、その入口にはピンクのテープが目立つようにつけられていました。小高い位置にあるテン場は広く、普通サイズのテントなら5張りは楽に張れるほど。しかし、寂しいことに私の他には誰もおらず、どうやらたった一人で一夜を過ごさなければならないようでした。とりあえずテントを設営してから、熊除けのためにせっせと薪集め。多少湿っぽいもののそれなりに小枝や薪を積み上げ、何とか点火に成功しました。さすがに暗くなってきたところで夕食のラーメンをそそくさととり、翌朝の分の小枝を残して薪をありったけ火にくべてからシュラフにもぐりこみました。

2006/08/10

■06:30 カウン沢出合幕営地 ■07:10 魚止ノ滝 ■08:25 滝ノ瀬十三丁の終わり ■10:55 源流のカール

焚火は概ね白い灰になっていて、自分としては評価点高し。残しておいた小枝に点火してから、湯を沸かしてコーヒーとパンとソーセージで朝食。テントを畳み、火の始末をしていよいよ出発です。

二俣を右の滝ノ沢へ入って40分、小さい幕営適地を越えたところに大きなスダレ状の滝が出てきました。これが魚止ノ滝、すなわち滝ノ瀬十三丁の入口です。念のため直登の可能性を探りましたが、手前に大きな釜を持っている上に、なにしろ水の勢いが強くて直登は困難。ここは素直に右壁を倒木と踏み跡頼りに登ると、巻き上がったすぐそこからいい感じに沢床がナメを形成して、すぐに左に曲がっていました。ちょうど朝日が差し込んで水がきらきら輝き、これは何とも言えない美しさです。曲がり角の小さな段差を越えて進むと、前方にこれまた実に立派な幅広の10mクラスの滝が出てきました。チャレンジングに行くなら右寄りにラインがとれそうですが、上の傾斜が緩くなったところの状況が見えていないのでここは自重。といっても完全に巻くつもりはさらさらなく、滝の左端のコンタクトラインを易しく登りました。すると前方には、さらさらと流れる透明な水の下に赤茶色のナメ、そしてナメを覆うきれいな緑の苔。これが滝ノ瀬十三丁のナメか!

滝ノ瀬十三丁は、その名の通りところどころに小滝をかけていますが、いずれも絵になる美しさである上に、簡単に巻けたり登れたりします。そして、それらの間に続くナメは20m程の川幅一杯に広がり、ところどころで向きを変えながらもまるで車道のようにまっすぐ続いていて、フリクションも良好。幸い天気も上々で、こんな楽しいところを独り占めにして歩くのが申し訳ないくらいです。

途中で支沢を右に分け、その先の緩傾斜のナメで「ヒョングリの赤ちゃん」が縦に連なっているようなところを面白く眺めながら徐々に高度をあげると、さしもの滝ノ瀬十三丁も最後の15m滝で終わりとなりました。いやー、楽しかった

そうは言っても、稜線はまだまだずっと先。しばらくゴーロを歩いて最初の10m滝はハングしており、もちろん直登不可能。左に道がついており、途中の岩場はフィックスロープをつかんで登りました。ここを越えて沢に戻る手前に、幕営跡がありました。続いて顕著な二俣に行き当たり、左俣方向にちょっと進むと両俣の間の奥壁にテープと踏み跡。そしてこの上にも、笹を刈り払った小平地が作ってありました。この二俣を越えたところから、水量が減って源流の雰囲気が漂ってきて、はるか前方にはガスに覆われ始めてはいますが稜線も見え隠れしています。沢の中にはオーバーハングや階段状、あるいはテーブル状など、規模は小さいが造形が面白い滝がいくつも連なり、そうした滝を極力直登してもよいのですが、右岸の高山植物がきれいな斜面にはっきり道となった踏み跡が続いていて、適当なところでこちらに入ってもOK。

道は途中で左岸に渡りますがその先で何となく見失ってしまい、再び沢筋に忠実に詰め上がると、とうとう前方にカール状の地形と岩塊の斜面が現れました。柔らかい草原の中に切り取られたような踏み跡を辿っていくと雪渓があって、その手前に古い幕営の形跡も見られます。しかし、雪渓の下の水たまりは汚く濁っており、ここで水をとろうという気にはなれません。

ここから稜線までは1時間ですが、ずいぶん長く感じました。イワイチョウの絨毯の中に続く道を登ると、踏み跡はやがて岩がちになって傾斜を強め、ところどころ残雪の上も渡ります。ナキウサギの声や高山植物に励まされながらだんだん重くなってきた足をひきずり、とうとう縦走路を行く登山者の姿が目に入ったときにはほっとしました。

■11:55-12:15 登山道 ■14:20 ヒサゴ沼避難小屋

装備を一般縦走用に切り替え、ゆっくり行動食を口に入れて、ここからはヒサゴ沼へ下るだけ……なのですが、実はここで失敗してしまいました。登り着いたところは天沼の南のコルのややトムラウシ山寄りの斜面で、コルに下りてみると右(東)へ向かう明瞭な踏み跡がついています。地図をちゃんと確認して素直に北上を続ければよかったのですが、ここで「これだけはっきりした踏み跡なら、ヒサゴ沼に続いているのだろう」と勝手に思い込んで、登山道を離れてしまいました。しかし踏み跡はすぐに薄くなり、雪渓の上をさらに進むと道らしいものはなくなりました。ヒサゴ沼が北にあるのはわかっているので目の前の巨岩が積み重なったピーク(天沼の南東の1,879mピーク)を回り込むように進んでみたものの、地形やルートの難しさよりもむしろ自分の心理の動きにヤバいものを感じます。これはたぶん、典型的な遭難のパターン。というわけで元来た道を引き返し登山道に戻ってみると、なんてことはない、踏み跡の入口には道を塞ぐように木の枝が地面に渡してありました。なぜ先程これに気づかなかったのかわかりませんが、遡行を無事に終えたことで注意力が散漫になっていたのでしょう。40分のロスですが、むしろその程度で済んでよかったと考えることにしました。

今度こそ、正しい道を北へ向かいました。ロックガーデンを通り、天沼のほとりの木道や両サイドにロープが渡された道を進むと右手に懐かしいヒサゴ沼が見えてきて、その向こうには沼ノ原らしい平らな地形、さらに東大雪の山々もぼんやり見えていますが、それらの頭上には雨を含んだ黒雲が広がり始めています。化雲岳手前のコルで右に曲り、雪渓を慎重に下りきったところで清冽な雪解け水を思う存分飲みました。

ヒサゴ沼の避難小屋は1階にも2階にも関西の大学のワンゲルが陣取っていましたが、十分に空きスペースがあったので、後で混むようならテントを張ることにして、とりあえず小屋の中に落ち着かせてもらうことにしました。その後も夫婦1組、単独の男性、最後に19時半頃男性二人組が小屋に入ってきましたが、ワンゲルの人たちが場所を詰めてくれたおかげで、皆ゆったりと寝場所を確保することができました。

2006/08/11

この日はトムラウシ山を往復後に沼ノ原まで下る予定でしたが、雨天のため早々に停滞を決定。トムラウシ山には行けなくなってしまいますが、過去2回登頂しているのでよしとしました。

皆、次々に出て行ってしまい寂しくなりましたが、外でテントを張っていた単独行の男性が小屋に引っ越してきてくれたので、仲間を得ることができました。彼は非常にゆったりとした行程で歩いていて、△裏旭→△白雲→△忠別→△ヒサゴ沼、そしてこのヒサゴ沼には既に2泊していて、明日やっと天人峡へ下る予定なのだそうです。昨日1階にいた関西のワンゲルも、層雲峡から入ってやはり白雲、忠別を経由してここに達し、この後南下してこの日は三川台泊まり、さらに(たぶん双子池にも泊まって)美瑛から下ると言っていましたし、ゆったり大縦走のテーマとしてはこの山域は好適なのでしょう。そういう自分もザックの中には予備も含めて5日分の食料と家財道具一式(沢装備含む)を背負っており、当然ザックは手持ちの中では最大容量のCloud Walker(75リットル)。かつてこのザックは自分には文字通り荷が重かったのですが、久しぶりに担いでみてその担ぎやすさに驚きました。たぶん、このザックを使いこなせるだけのパワーが、ようやく自分に備わったということなのでしょう。

さて、いくら同宿者ができたとは言っても、それで何かすることができたわけでもありません。温厚な彼は、しかし小屋の2階にテントを干しに行って、昨夜泊まった神戸大学(?)の連中が掃除もせずに退去したのを発見して憤慨し、「あの人たち、頭はいいのかもしれないけどマナーは……」とぶつぶつ言いながら小屋の箒でせっせと掃除していました。ちなみに1階のワンゲルたちはちゃんと掃き掃除を済ませて退去しており、教育の違いを感じます。こちらはと言えば、手持ち無沙汰で備え付けの「ヒサゴ沼ノート」を手に取ってみましたが、これが楽しめました。いろいろな人たちがこの小屋に泊まって、眺めがよかっただの、雨に降られただの、これからどこへ向かう予定だだのと書き連ねていますが、笑えるのもいくつかあります。たとえばこんな感じ。

来年6月ごろ来るであろう道内各大学のワンダーフォーゲル部員さん達へ

そうじをしたら、いっぱいゴミが出て来ました。本当は私が持って行きたいのですが、石狩までかつぐ根性がありません。空ペットボトルや、空ガスカートリッジの1つもいいので、持って行って下さい。おねがいします。この代償は、室工大ワンゲル現役部員がなんらかのかたちで返してくれるでしょう。

この文章にはゴミの置き場を示す上手なイラストが描かれており、楽しいことに「室工大ワンゲル現役部員が」のところは後から「大雪の大自然が」と見え消しで修正してありました。

click

「由加」さんという人の書き込みも抱腹絶倒。この人は昨年の9月下旬に1週間余りヒサゴ沼避難小屋に定着して何かの調査をしていたようなのですが、雪が降って調査地点が真っ白になったのを見たときはどないしょーどないしょー、とりあえず落ち着くんだと心の中で自分に言い聞かせ、各種メニューを持ち込んで一人もくもく食べているために今シーズンも順調に体重が増えていくことを反省し、しゃべる事が楽しみの私にとって話し相手がいないのはツライとこぼし、植物相手にブツブツ話すだけじゃ物足りないので歌いながら調査しようと試みたら歌いながらだと葉っぱの数が数えられなく断念したりしています。この人、今年の秋もヒサゴ沼に入るのでしょうか?がんばれ「由加」さん。

あとは、食べて、寝て、たまに水汲みがてら散歩して、そして午後には新たな同宿者を何人か迎えました。

2006/08/12

■04:05 ヒサゴ沼避難小屋 ■05:00-10 化雲岳 ■06:05-10 五色岳

この日は、10時に沼ノ原登山口でS氏と待ち合わせ。地図でコースタイムを測ると6時間くらいですから、私の鈍足でも午前4時に出れば途中で撮影したり休憩したりでちょうどそれくらいになるでしょう。この時期その時刻には十分明るくなっているので、ヒグマのリスクを除けば支障なく歩くことができそう……という計算を実は2日前に既にしてあり、3時起床で朝食と身繕い開始。トイレに出たときにはまだ暗く小雨模様でしたが、自分が使ったスペースの掃除を済ませて予定通り午前4時に小屋を出るとびっくり仰天。雲が下がっていてブルーのきれいな雲海の向こうに、ニペソツのシルエットがすっきり見えています。何という幸運。

小屋の同宿者たちに別れを告げ、ヒサゴ沼から離れて化雲岳への坂道を登って行くうちに御来光を迎えました。さらに、特徴的な岩峰をもつ化雲岳の山頂からは、南にトムラウシ山や遠く十勝岳、北に旭岳を盟主とする表大雪の山々が眺められました。西にはかつて雨の中をさんざん苦労して歩いた天人峡への下山道、東には五色岳の向こうに東大雪の山々のシルエット。素晴らしいパノラマが展開していて、待ち合わせのことを忘れて見とれてしまいました。

遥かなる山・トムラウシの雄大な姿は、五色平を歩く間中ずっと右手にありました。五色岳で最後のパノラマを楽しんでいるところで、忠別岳方面から鈴の音を鳴らしながら単独行者が登場。彼と一言二言会話を交わしてから、こちらは五色ヶ原に向かって下降を開始しました。ここはチングルマなどの群生とトムラウシ山の展望が素晴らしいところだと聞いていましたが、既にチングルマの季節は終わりヒゲグルマになってしまっていますし、高度を下げるにつれて道は雲の中に入っていきます。ちょっと残念ですが、沼ノ原に向けて濡れて滑りやすくなった木道を淡々と下りました。

ガスの中でも周囲のお花畑がそこそこ綺麗なところはいくつもありましたが、やがて出てきた湿地帯のようなところでは、柔らかい土の上にヒグマの足跡がはっきりと見てとれました。くわばらくわばら。また、ところどころ出てくる笹とハイマツのトンネルの中で、張り出したハイマツの根に向こう脛を思い切りぶつけて七転八倒。たぶん根の下がいつの間にかえぐれてしまったのでしょうが、ホントこればかりは勘弁……。

……などとそれなりにいろいろありつつも順調に高度を下げ、五色の水場に到着。これは湧き水なのかと思っていたら、よく見るとただの流水なのでちょっとがっかりしました。しかし、ここまで来れば沼ノ原は目と鼻の先です。

■08:20-50 沼ノ原 ■09:50 沼ノ原登山口

最低鞍部からちょっと登ると地形は平らになり、道の左右に池が出てくるようになりました。ここはもう沼ノ原の一角です。すぐに木道が現れ、池が大きくなり、樹林が切れて湿生草原が見渡す限り広がるようになりました。ところどころにピンクのギボウシが咲き、上空のガスが時折切れて青空が顔を覗かせるようになる頃、今朝登ってきたらしい登山者たち2組とすれ違いました。彼らの姿を振り返り見ると、その向こうに先程下ってきた五色ヶ原下部の緩斜面が見え、さらにその右手に山も見えています。あわてて地図で確認すると、見えている中で一番高いのはどうやら白雲岳。また反対側には、石狩岳へと続くジャンクションピーク(ニペの耳)が予想外に高く鋭くてっぺんを雲の上に覗かせてもいました。

時間にゆとりがあるので木道にザックを下ろし、雲が上がるのをぼけっと30分程も待っていましたが、ついにそれ以上の展望が開けることはありませんでした。しかし、誰もいない湿原に一人で贅沢な時間を過ごしたことに満足し、頃合いを見てザックを担ぎ直すと、姿の見えないトムラウシ山やヒサゴ沼方向に別れを告げて、あとは脇目もふらずに下界へと向かいました。