多摩川水根沢谷

山頂  
分類 関東周辺 / 沢登り
日程 2005/07/30
同行 かっしい / デチ
概要 奥多摩湖直前の水根沢谷を遡行。半円ノ滝の上で遡行を終了し、林道を下降。

click

ゴルジュ内の滝。上の画像をクリックすると、水根沢谷の遡行の概要が見られます。(2005/07/30撮影)

大滝手前のゴルジュ。恐るべき水勢に左岸から巻きましたが、右岸を上がって懸垂下降で下るラインもあります。(2005/07/30撮影)

半円ノ滝。ステミングでの直登に挑戦しましたが、あまりの水勢に断念し、右壁を微妙なバランスで越えました。(2005/07/30撮影)

会社の若い衆を中心に何人かで定期的にクライミングジムで練習しているのですが、そのうちの有志で沢登りに行こうという話になりました(というか、そういう話をもちかけたんですが)。その結果、この日一緒に沢に行くことになったのはかっしいとデチ。私より10数歳も若い妙齢の女性を二人も連れて嬉々として向かったのは、「初心者向きの沢」とか「水と戯れながら遡行する沢」とガイドブックに紹介されていた水根沢谷。デチは初めての沢登りなのでこのあたりが手頃だろうと、ある意味水根沢谷をなめてかかっていたのですが……。

2005/07/30

■10:20 水根キャンプ場 ■11:55-12:55 大滝の高巻き

奥多摩駅からバスで15分程の水根バス停に降り立ち、さらに徒歩15分で水根キャンプ場。入渓点はどこかな?と思いながらさらに先に進むと、広場のように開けた場所の左手下方に水根沢が通っており、ちょうどそこを完全武装の一個分隊が前進していくのが見下ろせました。なるほどここから降りればいいのか、とうなずいてからちょっと戻り、「むかし道休憩所」という施設に余分な荷物を置かせていただいて、改めて先程の斜面を沢に下りました。今日はなるべく二人に先に立ってもらおうと、保護者モードでゆっくり進みます。あいにく曇り空で水は少々冷たく、あまり泳ぎたい雰囲気ではないのですが、この水量の多さではそうも言っていられない場面が出てくるだろうな、と思いつつ進むと、やがて沢筋はゴルジュ状になってきて、3mの滝。まず私が左壁沿いに水に入って近づいてみましたが、どっぷり腰までつかることになりマントリングも足が決めにくいので、いったん戻ってから左壁の張り出しにホールドを求めて足はスメアリングでの腕力系トラバースの手本を示してみせて、かっしいとデチを迎えました。続く4mの滝は右の垂直の壁に狭いがしっかりしたバンドがあり、ここをへつります。落ちても高さはないので安心ですが、何しろ水流が逆巻いている感じで流されることが心配です。ここも、二人は問題なく抜けてきました。

いったん開けた場所は倒木が多く荒れた雰囲気。水もかなり濁っているし、何があったんだろう?気を取り直して続くゴルジュは小滝の連続となりました。最初は右から、次は左からへつりましたが、その次の小滝のへつりは少々シビア。残置スリングに手をかけて遠いスタンスに立ちこんでいくことになるのですが、重心移動や細かい立ちこみに慣れていないと立ちすくんでしまうかもしれません。沢登りが久しぶりのかっしいはここでかなり逡巡し、意を決して足を伸ばしたものの水に落ちてしまいました。デチはコンスタントにボルダリングの練習をしているだけあって、手順の指示を受けながら上手に突破。さらに左壁に残置スリングがあるナメ滝を右から越えて左に曲がると、先行パーティーがロープを出して右(左岸)から高巻きにかかっていました。声を掛けてみると、前方のゴルジュの滝がとても登れないとのこと。そこは二段20m大滝の前衛となる3m滝のはずですが、もの凄い水量が轟々と音をたてて落ちており、確かにとても近づけそうにありません。持参した30mのロープで3人が登る(しかも彼女たちは二人ともプルージック登攀の経験がない)となるとロープは15mまでしか伸ばせません。見上げてみると支点を作れそうな木の位置は頭上10m強で、ロープの屈曲を考えるとぎりぎりですが、なんとかなるでしょう。

かっしいにビレイを頼み、デチはロープの真ん中にエイト結びを作って安全環付ビナをハーネスにくくることにして、登ってみました。ホールドは適度にあって手持ちのビナを節約しながら抜けられるかなと思いましたが、ワンポイントだけランナーなしでは不安になる箇所あり。なんとかぴったり15mで支点を作ることができ、デチ・かっしいの順に登ってきてもらいました。足場の不安定な登攀は経験がない二人でしたが、かっしいが一度ずりっと落ちかけただけで無事に上がってきてくれました。ところが我々が登っている途中でやってきた後続パーティーは、我々とは反対の右岸を斜上し、ゴルジュ滝の先から懸垂下降でさっさと下っています。しまった、先行パーティーにだまされた!と思っても後の祭り。仕方なくもう1ピッチ水平にロープを伸ばしてから、安定した土のバンドを大滝の上へ出ました。

■13:10-20 ワサビ田 ■14:40-15:20 半円ノ滝の上 ■15:50 水根キャンプ場

ようやくにしてワサビ田に着き、一安心。行動食を口に入れました。二人ともまだまだ元気ですが、それでもデチはかなり寒い思いをしているようです。あと少し、がんばろう!

最後のゴルジュにも、面白い滝がいくつか出てきました。釜を重ねた連瀑は、最初の滝は簡単に越えられますが、次の滝の左壁はちょっとホールドが甘く、バランスを要します。そこから倒木を左岸に渡って滝上に抜けしばらく進むと、面白い造形の小滝が出てきました。滝の手前右にきれいな丸い釜ができていて、水流はそこを洗濯機のようにぐるぐる回っています。左壁は立っていて一見つるつるですが、細かく凹凸を拾えばトラバースで抜けられそう。実際にはさらに左から回り込めば簡単に越えられるのですが、ここまできたら遊ばなくてはもったいないので、あえて微妙なそのラインを採用。続く二人も、多少ひきつりつつも無事にここを抜けました。さらに淵を泳いだり、苔の壁を際どくトラバースしたり、冒頭の一個分隊が沢を下ってくる(何かの訓練?)のとすれ違ったりしながら進むと、いよいよこの沢のフィナーレ、半円ノ滝。

半円ノ滝は、遠目に見ても水量が多く、ガイドブックなどに載っている大股開きでの直登は無理であることがわかります。二人には左壁から巻き上がることを指示して、ともあれ滝の左から近づいてみました。まるで破裂した水道管から吹き出す水のように、奔流が岩の滑り台をぐるりと回りながら落ちています。そこへ右足を伸ばして水流をまたぎ、数歩上がってみましたが、左足に水流が当たる位置まで上がると、その勢いにはじかれそうになってとても安定した体勢を作れません。これは、やはり無理。引き返すのもしゃくなのでそのまま右壁に移って突破を図ったのですが、こちらも案外にホールドが乏しく、少々冷や汗をかきました。かっしいたちが左壁を登りきったところに、後続の3人パーティーがやってきました。これは見ものと上から見物していたところ、後続の先頭が果敢に半円ノ滝に突っ込みましたが、やはり左足を決めることができずギブアップ。

click

半円ノ滝のすぐ先で、遡行は終わり。ここまでずいぶん時間がかかってしまいましたが、せっかくの機会なので、最後に手近の斜面で二人に懸垂下降の稽古をつけて、本当の終了としました。沢靴を脱ぎハーネスやヘルメットをはずして、目の前の斜面を50m程も登ると、沢沿いに細いがよく歩かれた林道が通っています。これを下って30分でキャンプ場。荷物を整理してバスで奥多摩駅に戻り、「もえぎの湯」でさっぱりしてから駅近くの食堂で3人で軽く打ち上げました。

「初心者向けの沢」とは言いがたい厳しさもあったこの日の水根沢谷。どうやら遡行の直前の降雨が水量を大きく増していたようですが、パッキングの時点ではちょっと重装備かなと思っていたロープやスリング・ビナが実際にはぎりぎりで、万一ロープを持っていかなかったら大滝手前で進退窮まっていたかもしれません。まさに自然は千変万化、ガイドブックの記述がどうあれ、沢は決して侮ってはいけないと痛感させられました。そんな中、泣き言ひとつ言わず遡行しきったかっしいとデチには感謝。これに懲りずに、またどこかの沢へ行きましょう。今度こそ、癒し系で。