横岳西壁中山尾根

山頂  
分類 関東周辺 / アルパイン
日程 2004/02/28
同行 現場監督氏
概要 美濃戸口から行者小屋を経て中山尾根を登攀。地蔵尾根を下り、その日のうちに下山。

click

下部岩壁の全容。上の画像をクリックすると、中山尾根の登攀の概要が見られます。(2004/02/28撮影)

上部岩壁の全容。2つ前のパーティーのセカンドが登り始めているところ。(2004/02/28撮影)

最後の小ハング上のビレイポイントでの現場監督氏。終了点は間近。(2004/02/28撮影)

現場監督氏、Niizawa氏、それにきむっちと私を加えたヤツレンジャー隊(Sakurai氏は閏年問題対応のためお留守番)での八ヶ岳合宿。当初予定では赤岳西壁主稜、中山尾根に大同心南稜や小同心クラック、石尊稜なども加えて幅広い選択肢の中からチョイスすることにしていましたが、日曜日は天気が悪そうだとの予報。よって、金曜夜発のNiizawa号の中で協議し、土曜日に現場監督・塾長ペアが中山尾根、Niizawa・きむひろペアが赤岳西壁主稜を狙い、日曜日どうするかは降りてきてから考えることにしました。

2004/02/28

■05:50 美濃戸口 ■06:30 美濃戸 ■08:30-09:10 行者小屋前

日付が変わる頃に美濃戸口に到着。できれば美濃戸まで車で入ってしまいたいと思っていましたが、ゲートが閉まっていて「スタッドレスにチェーン装着ならOK」との看板なので、美濃戸口に車をデポすることにしました。早速Niizawa氏持参の4〜5人用テントを駐車場に皆で設営して就寝。去年石尊稜に登ったときは車の中で寝て窮屈な思いをしましたが、テントの中は身体を思いきり伸ばせて快適です。朝5時に起床し、前夜コンビニで買ってあった朝食をすませ、テントを片付けて車に押し込んでから出発。出だしからNiizawa氏と現場監督氏が競い合うようなスピードで先行し、歩きの遅い私はふうふう言いながらついていきました。

美濃戸からは南沢沿いの道に入り、ちょうど2時間で行者小屋前に到着しました。天気は快晴、目の前には横岳から赤岳にかけての大岩壁が横たわっており、ここで身繕ろいをして、「一応16時にはここで合流することにしておきましょう。そんなに遅くなることはないと思うけど」と約束してから出発。

このときは、まさか両パーティーともこの時刻を過ぎてしまうことになるとは思ってもいませんでした。

行者小屋から中山乗越まではほんのわずか。そこから右手へ入る道はしっかりトレースされていて、途中で男女ペアのクライマーに道を譲っていただいて先行し、かなりの急坂を息を切らせながら登ります。やがてぐんと高くなったところに先行の男性2名パーティーが準備をしており、そこから前方に下部岩壁を見通すことができました。我々もここでアタックザックからロープを取り出してから、先行パーティーに続いて両側が切れた短い雪稜を渡って取付へ移動しました。

■09:55 下部岩壁取付

下部岩壁1ピッチ目のスタートは正面の岩を右手へ数m移動したところで、そこに立派な支点も設けられています。我々はその左手のこれもしっかりしたボルトに各自セルフビレイをとってルートが空くのを待つことにしましたが、ふと正面を見上げるとそこにもハンガーボルトがあり、しかも大した傾斜もなく右上するラインが見えてきて「こっちからも行けるんじゃないの?」「行けそうだよねぇ」と見解が一致。先行パーティーのセカンドが登り始めた頃合いを見計らって、志願して私のリードでここに取り付きました。ところが、見ると登るとでは大違い。とりあえず2m程の垂壁の上にある最初のボルトにクイックドローをかけるところまでは行ったものの、そこから上に乗り込むためのホールドが「やや大きめのカチ」という感じで、薄手の手袋であれこれやっているうちに冷たさで指先の感覚がなくなってしまって敗退。いったんロワーダウンし、やや厚手のグラブに交換して今度はクイックドローをつかみ右手の薄いバンド状へのトラバースを試みましたがこれもダメ。下から見ると寝ているようでも登ってみれば垂直、というのはこれまでも何度も経験してきているはずなのに、またやってしまいました。それでも「もう1度!」と最初のラインにチャレンジして今度は左足のアイゼンを大きく上げることに成功しましたが、そこから右上にホールドを探すと、なんと氷のスローパー状態で手が出せません。またしてもロワーダウンでスタートラインに戻ってしまいました。そうこうしているうちに先程道を譲って下さった男女ペアがノーマルなラインに取り付き、我々を右から抜いていきました。仕方なく初志を捨て、私もノーマルラインから登ろうとしましたが、こちらの最初の2mも意外に悪く、先程までの奮闘で前腕の力を失った私には登れません。心底がっかりしつつ、ここで現場監督氏にリードをバトンタッチしました。

現場監督氏も正面のラインに取りついて私が2度目にやってみた垂壁のトラバースに挑みましたが、やはりアイゼンが決まらないらしく、開脚状態でしばらくふんばっているうちにとうとうバランスを崩してしまいました。「あっ!」という声とともに現場監督氏が降ってくるのと私がぐっと腰を落としてロープを張るのとがほぼ同時で、現場監督氏は身長ひとつ分ほどのフォールで止まりました。アルパインでリードのフォールを止めたのは初めての経験ですが、しっかりしたボルトのおかげで怪我もせずに助かりました。しかし、このままでは二人ともここで力尽き、1ピッチ目で敗退ということになってしまいます。現場監督氏もこちらのルートは諦め、ノーマルルートから上がることにしました。

ノーマルルート(III)であれば百戦錬磨の現場監督氏にはノープロブレム。すいすいと登って上へ抜け、しばらくして上から「どうぞー!」の声がかかりました。私はクイックドローを回収しなければならないので最初のラインで垂壁の上へ身体を引き上げ、そこからゴボウを交えてしっかりしたフットホールドへ移動しました。この間、たったの2歩。後から冷静に考えればここはMIXのつもりでバイルを使えばよかったのかもしれませんが、とにかくこの2歩を踏み出せなかったために1時間以上もロスし前腕をパンプさせてしまったのですから、クライミングは難しい……。

■11:40 下部岩壁中間支点 ■12:10 下部岩壁終了

左上する凹角を抜け、中間支点でビレイしている現場監督氏の後ろを通って、2ピッチ目(IV)はあらためて私がリード。わずかに左へ回り込んだところから上へ凹状フェースを登るラインとさらに左の草付の急斜面を登るラインのどちらでも登れますが、草付の急斜面はまだらに凍りついていて悪そう。そこで凹状フェースに突っ込むことにしました。なかなかラインが見えず、というより1ピッチ目の敗北で岩に心が負けている私はしばらく逡巡していましたが、まず右手のホールドを引いて左に身体を振り込み一段上がり、次に正面のクラックにハンドジャムを決めて右上ののっぺりしたフットホールドに乗りました。そこまで上がると手の届くところに残置ピンが2本見えてためらうことなくクイックドローでA0。左壁にもアイゼンでのフットホールドが刻まれており、そこからは腕力頼みでぐいぐい身体を引き上げていけます。フェースを抜けたら草付の尾根状で、締まった雪にバイルをドスン!と音をたてながら打ち込んで高度を上げ、適当な長さまでロープを伸ばしたところでピッチを切り、現場監督氏を迎えました。

■12:50 上部岩壁取付

多少岩場も混じって緊張感のある雪稜を高度を上げて上部岩壁に到着。ずいぶん時間をロスしたように思っていましたが、まだ2組前のパーティーのセカンドが登りだしたところでした。何はともあれセルフビレイをとり、テルモスを取り出してコーヒーを1杯。この高度に上がってきても風がほとんどなく、お日さまが照っていて暖かいくらいです。やがて我々の前の男女ペアのパーティーが登りだしました。下から見ていると、リードの男性(以下「A氏」と呼ぶ)は最初の急な凹角を数m登ったところから、通常とられているはずの左のフェース(IV+)に入らずに正面の垂壁(V-)を直上するラインを選んでずいぶん時間をかけています。初めはフリーでああでもないこうでもないとやっていましたが、その次にバイルを岩にひっかけようとしてこれもうまくいかず、とうとうアブミをとり出しました。これを見て現場監督氏は「アブミ、持ってこなかったよ」とあせっていましたが、A氏はアブミで身体を引き上げてここを突破することに成功しました。そこでビレイをしている女性(以下「Bさん」と呼ぶ)を振り向いたA氏は「アブミ、どうする?」。

Bさん「上で使わないなら置いてって」
A氏 「上で使うと思うんだ」
Bさん「じゃ、いいけど……。(小声で)でも上ではもう使わないと思うけどな」

自分にもアブミを使わせてほしいという気持ちがありありのBさんの願いも空しく、A氏はさっさとアブミを引き上げてしまいました。するとBさんはまたも小声で「あっ、回収しちゃった。かわいそうだから置いていこうとは思わないのか!」。

■13:20 上部岩壁登攀開始

しばらくして上からコールがかかり、Bさんも登りだしました。Bさんが最初のランナーを回収して中段の垂壁に取り付いたところで現場監督氏もスタート。出だしの凹角はバイルも使ってさくさくと登り、最初のランナーをとったところで上を見上げていましたが、どうやらフェースの状態が悪いらしく先行パーティーと同じルートを行くことにしたようです。しかし先行パーティーのBさんは案の定先程A氏がアブミを出した目の前の垂壁で行き詰まっており、そのうち「ぶら下がっていい?」と上に聞いてからテンション。このときBさんの身体が思いきり左に振られて、現場監督氏はアイゼンは辛うじてかわしましたがピッケルバンドでだらんと垂れていたピッケルがヘルメットを直撃!しかし、幸い衝撃は大したことはなかったようで現場監督氏は無事でした。

しばらくもがいてからBさんが抜けていったのを見て、現場監督氏も垂壁に取り付きました。フットホールドが細かいらしくしばらく試行錯誤をしていましたが、やがてムーヴを見つけて上に抜け、赤い残置スリングを使って(←今回の行程中現場監督氏が唯一A0にしたところ)左へトラバースしていきました。そこから先はビレイポイントからは見えなくなりますが、やがて上から意外に遠い声でコールがかかりました。後続の私も出だしの凹角は問題なく登って、そこで本来の左ルートを見てみると、岩壁に氷がまだらについていて状態が悪く、先行パーティーも現場監督氏もこちらを避けたのがうなずけました。そこで垂壁の登りになりましたが、一段上がったかすかなレッジから先、細かいながらもフットホールドは見えているのに、これを忠実に辿ろうとすると右に追いやられてうまく上へ抜けられません。正面奥にもホールドがここと思うところにあることはあるのですが、微妙に氷がついている上に握力が失われていて自分を信じることができません。2〜3回試したもののうまくいかずそのたびにレッジに戻ってロープに支えてもらいながらパンプした腕をぷるぷると振ってレスト。最後にボルトにかけたクイックドローを渾身の力で引いて身体を引き上げ、両足のアイゼンをなんとかいい位置に上げることができて辛うじて抜けられました。

そこから先程現場監督氏が使った赤いテープスリングやボルトを使って左へトラバースし、中段のテラスから左上の短いかぶった凹角へ。ここまでくるとフリーにこだわる気持ちは微塵も残っておらず、抜け口の手前に現場監督氏がランナーをとったクイックドローをつかんで態勢を安定させ、そこからは両足のつっぱりでぐいぐいと抜けていきました。

■14:20 上部岩壁終了 ■15:30 終了点

草付と岩稜がミックスした斜面が、ようやく近くなってきた稜線へと突き上げています。上部岩壁を抜けたところからの易しい雪稜は私が先行。続く岩稜は現場監督氏のリード。ここも最後に小さなハングが待っていて小粒でもぴりっとしたピッチですが、せめて最後くらいはときっちりフリーで抜けると、その先のピナクルで現場監督氏がビレイをとっていて、すぐ右前方に終了点が見えていました。先行パーティーは既に最後のトラバースを終えて終了点に到達しており、その向こうに富士山がきれいな姿を見せています。

ラストの1ピッチはまったく問題のない歩き(II)で、トサカ状岩峰に続く水平のリッジを右側にまたぎ越してぐるっと回り込むようにトラバースすると安定した稜線上に出ました。ここにはボルトが見当たらないので手近の岩にスリングをかけてセルフビレイをとり、肩がらみで現場監督氏にコール。すたすたと歩いてきた現場監督氏と合流して、ここでがっちり握手。お疲れさまでした、そしてありがとうございました。

ロープを手分けして畳み、アタックザックの中にしまおうとしたところでアクシデント。ロープをザックの底にしまおうと中に入っていたテルモスを手にしたときにとり落としてしまい、かちかちに凍った雪の上で跳ねてカラカラと乾いた音をたてながら可哀想なテルモスは下を覗くこともできない急傾斜の西壁へと滑落していってしまいました。このときとっさに飛びつきそうになったのですが、そこで危うく自制しなければ自分もテルモスを追って奈落の底へと落ちていたでしょう。現場監督氏も一瞬のことに驚いたようですが、「身替わりになってくれたと思って」と慰めてくれました。

■15:50 地蔵ノ頭 ■16:20-55 行者小屋 ■17:50 美濃戸 ■18:40 美濃戸口

ここから先は石尊稜のときに歩いた勝手知ったる道ですが、どうやら約束の16時には間に合いそうもありません。右手を見下ろすと行者小屋がはっきり見えて、小屋の前にはこちらを見上げている(ように思える)人の姿もわかります。たぶんあれがNiizawa氏たちだろうと勝手に決めつけて「お〜い、今行くぞ〜」と手を振りました。

好天の稜線をゆっくり地蔵ノ頭まで歩き、雪の地蔵尾根を快適に下りました。途中シリセードも交えつつ高度を下げ、30分程で行者小屋に着いてみると、先に下っていた現場監督氏が一人で装備を解いており、怪訝な顔をしながら近づく私に「二人がいない」と告げました。いない?我々よりずっと先に着いていると思っていたのに、何かあったのでしょうか?心配になりながらも、人気の主稜のことだから単に混んでいて遅れているのだろうと思いつつこちらも装備の片付けをしていると、我々の15分後ににこにこ顔のNiizawa氏ときむっちがやってきてほっとしました。彼等の前のパーティーがかなり足が遅くずいぶん待ち時間を使わされたようですが、しかし快適な登攀を楽しむことができたとのこと。両パーティーの無事を喜び合い、大休止。先程行者小屋のシャッターを閉めていた赤岳鉱泉の従業員に現場監督氏が聞いたところでは、明日は雪模様である上、今日の鉱泉には大集団が泊まっているようです。それにNiizawa氏に聞いてみると「もうお腹一杯」とのこと。しかし、余裕の表情を作りつつも一番お腹一杯だったのは実は私で、ここからさっさと下山することに異議はありませんでした。

今回は私のミス(グラブの選択、無理なラインに執拗にこだわったこと)と技量不足とでパートナーに迷惑をかけてしまい、自分でも不本意なA0の嵐になってしまいましたが、今の自分の力量では仕方なかったのだろうと納得はしています。また、ヘボなパートナーを辛抱強く引き上げてくれた現場監督氏には感謝の言葉もありません。このルートは、技量を上げて再度挑戦したいと思っています。