富士山

山頂  
分類 関東周辺
日程 2003/07/05-06
同行  
概要 またまた富士山へ。初日は富士スバルライン五合目から山頂の山口屋まで登って泊。二日目はお鉢巡りの予定だったが荒天のためそのまま下山。

山口屋。雨と風にもめげず、続々と登ってくる登山者には驚き!(2003/07/06撮影)

ガスの切れ間から見た下界。富士山でのトレーニングはこれで終了。(2003/07/06撮影)

2003/07/05

■12:30 富士スバルライン五合目 ■16:10 吉田口山頂(山口屋)

この1か月、プロジェクトMのためのトレーニングに精を出してきましたが、いよいよ最終回は高度順化のために富士山頂での一泊。スバルラインをバスで登っている間は山頂が見えたりしていましたが、レストランでカツ丼を食べ、靴を履き替えて歩き出す頃にはガスに覆われはじめていました。すっかり歩き慣れた道ではありますが、1週間前の3時間ペースに比べると、今回は靴の重さが効いていまひとつ足が進みません。そのうち八合目から雨もぱらつきだして、山開き後だというのに一般登山者が少ないのはこの天気のせいかと思い当たりました。本八合目を過ぎる頃から風も出始めて、まるで衝撃波のようにドン!とぶつかってくる空気の塊には時折身体を持っていかれそうになりました。

山頂に着いたら山口屋へ直行。大ぶりの缶の中に炭火が赤々と燃えているところへ手を出して温めましたが、それでも宿泊の記帳は手がかじかんで金釘流の字体になってしまいました。計ってみると、気圧は647mbar。しばらくぼーっとしているうちに夕食。カレーが一杯というのは富士山の山小屋の定番で、それだけでは寂しいのでおでんを追加注文しました。登っている人は少ないと見ていたのですが、寝床は意外に満員で、19時にはさっさと寝てしまいました。寝入りばなは息苦しさを感じないでもなかったのですが、呼吸を深くして身体を休めているうちに、いつの間にか眠りに落ちていきました。

2003/07/06

■05:00 吉田口山頂(山口屋) ■06:35 富士スバルライン五合目

夜中、ばらばらと屋根を叩く雨の音や強風の振動が耳に入っていましたが、4時頃起きだして外を見るとやはり風雨。それでもこの天気の中をせっせと上がってくる団体登山者には感心したりあきれたりですが、こちらもぐずぐずしていても仕方ないので、上下を雨仕様にして小屋を後にしました。下山路は雨のおかげで岩屑が落ち着いていてかえって歩きやすく、いいペースで高度を下げていくことができました。

さて、これでトレーニングは終わり。あとは適当にジョギングをする程度にして次の週末は静養にあて、17日からの本番に備えることにします。体力・技術面では恐らく問題ないところまできていると思うので、あとは現地での天候次第ですが、昨シーズンは天候不順が続いて登れない人が多かったそうで、こればかりはいくら努力してもどうにもなりません。好運を祈るばかりです。