越後駒ヶ岳〜中の岳

山頂 越後駒ヶ岳2,003m / 中の岳2,085m
分類 上信越
日程 1998/07/18-19
同行  
概要 枝折峠から越後駒ヶ岳へ登り、その日は駒の小屋に泊。翌日、越後駒ヶ岳から中の岳へ縦走し、十字峡へ下山。

朝日に銀色に輝く雲海。その手前の尾根上に小さな駒の小屋が見えます。(1998/07/19撮影)

中の岳への稜線から振り返る越後駒ヶ岳。どっしりと大きい。(1998/07/19撮影)

越後駒ヶ岳方面からの中の岳。すっきりと高い。(1998/07/19撮影)

1998/07/18

上越新幹線の始発で浦佐に着き、8時10分発のバスに乗車。目指したのは枝折峠でしたが、いつのまにかバスはシルバーラインのトンネルを経て銀山平に着き、さらに奥只見ダムまで行ってしまいました。しかたなく、タクシーを呼んで枝折峠へ引き返しましたが、大幅に時間をロスし、出発は11時半となりました。

■11:30 枝折峠 ■12:00 明神峠 ■13:40-45 小倉山

天気予報では晴天のはずでしたが、雲が流れ展望のない尾根道をひたすら歩きます。

■14:20-45 百草の池 ■15:50-17:50 駒の小屋

湿性植物やセリ科らしい白い花に囲まれた小さな池。ここから道は急坂になり、植生も高山らしくなってきました。肩状の地点から目の前に駒ヶ岳の山頂が見通せるようになり、雪に磨かれたスラブとキスゲの黄色い花を眺めながら岩がちの道を登ると、ひょっこり駒の小屋に到着。手続をすませ、早めに夕食をとり、一眠りしてからすぐ上の山頂を目指しました。

■18:05-35 越後駒ヶ岳 ■18:50 駒の小屋

小屋の前から尾根筋を登り、稜線に着いてから右へしばしで山頂に到着。山頂には三角点、標柱、銅像が立っていますが、雲のため南東方向にしか展望はありません。近くに荒沢岳がすっきり高く、遠く雲間に平ヶ岳と燧岳のシルエットが見え隠れしています。

1998/07/19

■05:30 駒の小屋

4時10分に起床。小屋前の広場で朝食の用意をしながら御来光を待ちました。朝の薄明かりの中に飯豊、朝日、蔵王、吾妻、荒沢、燧、皇海、平、至仏、武尊が居並びます。また、荒沢岳の右奥に安達太良らしい姿も見えますが確信は持てません。後ろには中の岳から越後駒までの稜線が連なり、縦走意欲をかき立てられます。

■05:45-06:05 越後駒ヶ岳

風の音と鳥の声しかしない静かな山頂に着くと、眼下に八海山が見下ろせます。稜線のぎざぎざはなるほど修験の道場にふさわしく、左手中の岳への縦走路も後立山の八峰キレットを思い出させました。駒の小屋の番人さんの話では、この道の刈り払いは今年8月の予定で、それまでは駒ヶ岳から一気に縦走するのは無理とのこと。

中の岳の右には、巻機山が予想外に大きく見えています。以前巻機山に登ったときは雪とガスでほとんど山の姿を見ることができなかったため印象が薄かったのですが、今回あらためてその立派さを再認識しました。

■06:55 天狗平 ■09:35-10:15 中の岳避難小屋 ■10:20-30 中の岳

駒ヶ岳からいったん大きく下り、右手に八海山を眺めながら木の根や笹が邪魔な起伏の多い縦走路を南下しました。様々な花だけをなぐさめに歩みを進め、暑さにバテバテになりながら最後の坂を登りきると、中の岳北峰の立派な避難小屋に到着。涼しい小屋に荷を下ろして大休止。話好きな単独行者に十字峡のバスの時間を教えてもらいました。三角点は小屋の裏手へ進むことしばしの南峰にあり、行く手には兔岳から丹後山へ続く笹の優しい稜線、右下にはこれから辿る日向山方面への逆落しの道が一望できます。

■12:00-05 日向山 ■13:10 千本松原 ■14:05-10 登山口 ■15:20 バス停

中の岳山頂から兔岳方面へわずかに進み、右手に折れて笹の急坂を一気に下ります。さえぎるもののない道で夏の日にあぶられ、日焼けを気にしながらどんどん下り、膝ががくがくになる頃、ようやく登山口に到着しました。3時間半で一気に1,800mの急降下はさすがに辛かったのですが、立派な売店で冷たいジュースを飲んで生き返り、売店のおばさんにきゅうりの浅漬けをごちそうになりました。さらに車道を歩くこと1時間あまりでバス停に到着したときには、ちょうど六日町からのバスが折り返し点に着いたところでした。