恵那山

山頂 恵那山2,191m
分類 中央アルプス
日程 1991/05/03-04
同行 Fさん
概要 黒井沢ゲートから恵那山に登り、山頂避難小屋に一泊。翌朝山頂を踏んで出発点に戻る。

登路からの山頂。つかみどころのない山でした。(1991/05/03撮影)

1991/05/03

■13:20 黒井沢ゲート

直前まで加賀の白山登山を計画していましたが、今年は雪が多く、登山口までバスが走っていないことが判明したため、急遽恵那山に目標を変更。中央本線中津川駅でFさんと合流、タクシーをゲートまで走らせ、翌朝の迎えを頼みました。ここでも、はじめ山を北側に越えた強清水を下山地としていましたが、烏越峠方面は通行困難との標識があり、黒井沢からの往復に切り換えましたが、これが後で幸いすることになりました。

■13:55 黒井沢休息所 ■15:20 野熊ノ池

きれいな小屋を過ぎて登りにかかり、1時間強がんばって平坦地に出ると、透明な湧水が溢れる野熊ノ池。ほとりにはテントが2張。さらに尾根通しから左の山腹を巻くようになって固く締まった雪が出始めました。

■17:25-40 恵那山山頂小屋 ■17:45-50 祠(ニセ山頂)

やっと今宵の宿に到着。昭和62年に改築されたばかりの立派な小屋は、家族連れや単独行などバラエティに富んだ宿泊者で大入り満員。宿泊室に辛うじて二人分の地所を確保してから、小屋の左横の道を登りました。すぐ裏手の岩の上からは山頂部を雲と雪に白く覆われた南アルブスが屏風のように並んで見えます。さらに道を進むと尾根筋が下り始める手前に祠が建ち、ここから先にはここより高い所はありません。白く雪に包まれた樹林の向こうには雲海らしきものも広がり、山頂の雰囲気が漂います。それにしては地図代わりに持ってきた『岳人』のコピーの写真とはえらく雰囲気が違うなあと不安にもなりましたが、見れば祠の横に打ち込まれた杭にはマジックで「恵那山山頂」と書いてあるので、やはりここが山頂であったかと得心しました。

■17:55 恵那山山頂小屋

一休みして夕食にすき焼きを作りました。食事中、土間の石の下から尻尾を除く体長が5〜6cmのキウイフルーツのように丸々としたネズミが人を恐れずに辺りを歩き回り、宿泊客の歓声を浴びていました。

1991/05/04

■07:10 恵那山山頂小屋 ■07:20 祠(ニセ山頂)

5時前に目が覚めましたが、いつものごとく外は一面のガス。ゆっくり朝食をとり、パッキングを済ませてから空身で小屋を出、祠(ニセ山頂)で記念写真を撮って早々に退却。本来採るはずだった烏越峠方面の縦走路はこの先に伸びていますが、黒井沢に下ることにしているので元来た道を戻るだけです。

■07:30 恵那山山頂小屋  ■07:45-50 恵那山

小屋の前で軽アイゼンを着け、下山にかかりました。ところが道はすぐに軽い登りになり、次いで通った記憶の無い平坦な尾根道に変わりました。「?」と思っていると、ガスの中から小屋で一緒だった家族連れが現れ、「ピークが二つあるのかな」と言いながらすれ違いました。ここでようやく真の山頂に向かっていることを悟りさらに歩みを続けると、ニセ山頂のものよりもひとまわり大きな祠が現れ、その左を抜けるとそこに『岳人』の写真通りの山頂標識がありました。登山ロの標識に従って黒井沢からの往復コースとしたこと、帰り道を誤ったことの二つの偶然が重ならなければこの山頂には辿り着けなかったでしょう。これも恵那神社の神様のお導きに違いありません。いったん小屋前のテン場に戻ってみると、確かに「山頂はこっち」との消えかかった小さな標識が今下ってきた方角を指し示していましたが、これではこれまでにも見過ごした人が少なからずいるのではないでしょうか。ともあれ正しい道に戻り、あとはひたすら下るのみ。

■09:30 野熊ノ池 ■10:05 黒井沢休息所 ■10:25 黒井沢ゲート

10時に予約しておいたタクシーをさんざん待たせて(ごめんなさい!)ようやく下山。