後方羊蹄山

山頂 後方羊蹄山1,893m
分類 北海道
日程 1990/07/01
同行 K氏
概要 後方羊蹄山に登る4本の登路のうち、比羅夫コースを登り真狩コースを下降。

颯爽とした蝦夷富士の姿にポーズ。こじんまりしてはいますが、見て良し、登って良しの優等生でした。(1990/07/01撮影)

火口壁上の山頂。遠くには道央方面の山も見えています。(1990/07/01撮影)

1990/07/01

■06:40 駐車場

かつて南アルプスへ一緒に登ったS氏の結婚披露宴に出席するため前日札幌入り。翌朝、同じく南ア仲間で浦河に住んでいるK氏の車で早立ちし、比羅夫コース登山口の駐車場に着きました。ここからは標高差1600mの一本調子の登りを延々歩くことになります。

■08:15-30 五合目

標高1,020m。ここで一回目のグレープフルーツタイムにしました。正面には二セコアンヌブリ、倶知安市街とその向こうに日本海が見えています。

■09:10-30 七合目

ダケカンバの下の道をひたすら登ります。

■10:10-15 九合目

明るいガレ場。ようやく高山の雰囲気が出てきました。五合目から景色はほとんど変わりませんが、ニセコアンヌプリが次第に低くなっていくのが慰めとなります。ここから山頂にかけては高山植物が鮮やかに花を咲かせていました。名前がわかるものだけでもナナカマド(白)、ウコンウツギ(黄)、シラネアオイ(紫)、ミヤマキンバイ(黄)、ハクサンシャクナゲ(白)、エゾノコザクラ(ピンク)、イワプクロ(紫)が群落を作っていました。

■11:05-50 後方羊蹄山

山頂には大中小3つの火口が並び、予想外に複雑な様相を呈しています。日差しは優しく、風は涼しく、これ以上ないほど快適な頂上でゆったり昼食をとり、二回目のグレープフルーツタイムとしました。道央、道南の山々がよく見えますが、一々名前を指摘できないのが残念です。大火口の南側を回ると、洞爺湖や内浦湾の彼方の駒ヶ岳まで見えました。

■12:40/13:20 真狩コース分岐

ザックとK氏をデポし、独りで山頂をくまなく漫遊した後に、再びK氏と合流して下山開始。登りと同じでは芸がないと思い、真狩コースを下ることにしましたが、すぐにダケカンバ林に入り展望がなくなった上に、南に面しているため恐ろしく暑く、決して快適な道ではありませんでした。

■15:40 真狩コース登山口 ■15:50 道新羊蹄自然の家

車道に到着。ここからタクシーで比羅夫登山口に戻り、K氏の車で山の北側を半周して千歳空港へ向かいました。東西南北どちらから眺めても、後方羊蹄山は真っ青な空の中にどっしりと大きい、立派な山でした。なお、この途上、支笏湖の南岸を通りましたが、そこから見る恵庭岳が美しく、樽前山もユニークな姿で、登高欲をそそられました。しかし、まさか4週間後にその希望が具体化するとは、このときは思ってもいませんでした。