Kansas

2001/01/20

新宿の東京厚生年金会館で、Kansasのライブ。2年振りの来日は、昨年7月にリリースされた新作『Somewhere To Elsewhere』のプロモーションツアーです。

雪が降りしきる中、開場時刻に東京厚生年金会館に到着すると、長蛇の列ができていました。どうやら座席は満員に埋まった様子。中に入るとステージ上ではカラフルなライティングのテストが続いており、ドラムセットがきらきら輝いてきれいです。前回同様、フロントは向かって左からRich Williams(G)、Robby Steinhardt(Violin,Vo)、Billy Greer(B,Vo)の重量フォワード3人衆。後ろは台の上にSteve Walsh(Vo,K)とPhil Ehart(Ds)で、アコギがスタンドにセットされ、キーボードは2台、ドラムセットはツーバスに左側にもフロアタムを置く構成とまったく前回と同じですが、勇んで買ったプログラムも実は前回と同じものとはちょっとひどいのでは?

定刻を25分過ぎて会場が暗くなると歓声があがり、メンバーがステージに現れて聴衆は総立ち。オープニングはハードなナンバー「Mysteries And Mayhem」。複雑なリズムの上でRobbyとSteveが交互にリード・ヴォーカルを担当するKansasならではの曲です。ヴァイオリンが活躍する3/4と4/4がこみいったイントロを省略して5拍子の強力なギターのリフから一気になだれこむアレンジが幕開けにぴったり。曲はそのままノリノリで「Paradox」へ。歳とともに往年の艶を失ったと言われるSteveのヴォーカルですが、今日はどんどん声の調子が良くなってきているようです。ここ数年のトレードマークだったヤギのようなあごひげも剃って長髪を振り回し、実に若々しい姿。Kerry Livgrenがいないためキーボードも二人分弾かなければならないので両手とも忙しく動かしていますが、歌いながら弾いているのでほとんど手元は見ない上に、フットスイッチで頻繁に音を切り替えており、これでよく間違わないものです。この「Paradox」ではなぜか本来ヴァイオリンが弾く細かいリフまで左手で弾きながら歌っていました。ただ、曲間にプログラムをセットするときは眼鏡を取り出しているのは、やはり寄る年並……。

前回のライブで大感動した「Miracles Out Of Nowhere」に続いて、Robbyがニューアルバムを紹介するMCを入れて、そのオープニングナンバーである「Icarus II」へ。ピアノのイントロから7拍子のメインリフに移り、Steveのヴォーカルが切々と歌い上げます。この曲では、ベースに加えてヴォーカルもとれるBillyが加わっていることで可能になった3声のコーラスが圧倒的です。エンディング、フェードアウトしそうに見えたところで「Back to '76」とMCが入ってそのまま懐かしいオリジナル「Icarus」に移り、会場は狂喜乱舞。その後も「Song For America」「The Wall」と大作が続いてさすがに聴く側にも疲れが見えてきたところへ、Billyがアコギに持ちかえPhilが引っ込み、アコギ2本とヴァイオリンでしっとりと「Hold On」が歌われました。当然、会場もサビでは合唱。続く「Cheyenne Anthem」も私の好きな曲です。私はKansasのアルバムの中では4作目の『Leftoverture』の、「Miracles Out Of Nowhere」から「Opus Insert」「Questions Of My Childhood」を経て「Cheyenne Anthem」へ続く一連の楽曲群が格別のお気に入り。ちなみに途中のオリジナルでは子供の声で歌われるところは、Billyが若々しい声で歌っていました。MCで再びニューアルバムに触れてから演奏された「Not Man Big」ではRobbyの狂ったようなヴァイオリンやRichの印象的なギターソロが聴きどころで、その後ジャムっぽい演奏が続き、アレンジはかなり変えてあったようです。Robbyのダーティーなヴォーカルが入った「Down The Road」につないでから、聴衆が手拍子をしているうちにいつの間にかリズムが三連に変わっていてこれも懐かしい「Portrait(He Knew)」へ。最後に「Magnum Opus」のフレーズを入れて終わりました。

アンコール1曲目はキャッチーで歌いやすい「Point Of Know Return」。特に7拍子のリフレインが印象的で、いつ聴いても楽しくなってきます。続いて再びアコギ2本+ヴァイオリンの構成になって大ヒット曲「Dust In The Wind」。そして最後は例によって、Steveの「Are you ready !? 1234」のカウントで会場の全員が「♪Carry on my wayward son. There'll be peace when you are done.」と大合唱。偉大なる予定調和です。最後のキメでPhilが2本のスティックを宙高く投げ飛ばして、ショウは終わり。

終了は午後8時ちょうど。約1時間半のステージでちょっと短い気もしましたが、相変わらずの職人芸に満足しました。彼等の場合、演奏技術ももちろん高いのですが、それ以上に、複雑なリズムでかえってノリが生きるアレンジのセンスが特徴。ただ、新譜からの曲がもう少しあってもよかったかもしれません。たとえばサビが印象的な「Myriad」などはライブでも聴いてみたいと思っていました。また、ところどころリズムがかみ合わなかったり、シンセの音色の選択に疑問符をつけたくなるところ(特にストリングス系)もないではなかったのですが、しかし、そうした不満も充実の楽曲群でぐいぐい押されると白旗を掲げざるを得ないのが、アメリカン・プログレ・ハードの最高峰KansasのKansasたるゆえんです。

ミュージシャン

Steve Walsh Vocals / Keyboards
Robby Steinhardt Violin / Vocals
Rich Williams Guitar
Billy Greer Bass / Guitar / Vocals
Phil Ehart Drums

セットリスト

  1. Mysteries And Mayhem / Paradox
  2. Miracles Out Of Nowhere
  3. Icarus II / Icarus - Borne On Wings Of Steel
  4. Song For America
  5. The Wall
  6. Hold On
  7. Cheyenne Anthem
  8. Not Man Big / Down The Road / Portrait (He Knew) / Magnum Opus
    -
  9. Point Of Know Return
  10. Dust In The Wind
  11. Carry On Wayward Son