Jeff Beck

2000/12/02

東京国際フォーラムで、至高のギタリストJeff Beckのライブ。

前回のライブが10年振りの作品『Who Else !』をフィーチュアしたツアーだったのに、今回はそれからわずか1年半でリリースされた『You Had It Coming』をメインに据えてのツアーということになり、寡作のギタリストとして知られるJeff Beckにしては画期的なインターバルの短さがファンや関係者の間では大いに話題になっていました。新作は、前作と同種の曲調で打ち込みをバックに自由自在にギターが奏でられるもの。もはやコピー不可能といわれる領域に到達している独自の世界を築いており、それがステージ上で生身のバンドを従えてどのように発展させられるかが関心事となります。

定刻を15分程過ぎて、『You Had It Coming』に収録された「Blackbird」をSEとしてメンバーが登場。配置は、フロント向かって左がベース(Randy Hope-Taylor)、右がギター(おなじみJennifer Batten)、まん中うしろがドラム(Andy Gangadeen:三連装バスドラと楕円形のシンバルスタンドが特徴的)。定位置についたところで始まったのが新作のオープニングナンバーで11拍子ながらノリのいい「Earthquake」と、続いて「Roy's Toy」。さらにフェード・アウトしかけてからそのまま「The Pump」へ。そして前回のツアーでも絶賛された「Brush With The Blues」はタイトル通りブラシを使ったドラムの上でギターが静から動へと自由自在に歌うナンバーで、この曲で彼が出す音のひとつひとつが奇跡としか思えません。リズムが難解(7+8と8+7が交互に現れる15拍子)なJenniferのギターリフに導かれる「Blast From The East」、新作3曲目「Dirty Mind」に続いて、『You Had It Coming』の中でも異色でなおかつ人気が高い「Nadia」。Jeff Beck流インド風アースソングという感じのこの曲は、不可思議なムードのイントロに続いてJeffがボトルネックを投げ捨ててからイン・テンポになって展開される流麗なフレーズが、JenniferのMIDIギターによるストリングスと相まって涙が出てくるほど美しく、この曲だけのために『You Had It Coming』を手に入れるべきと思うほどです。ステージはさらに「Psycho Sam」の後リズム隊の見せ場を作ってから「Savoy」「Loose Cannon」を経て名曲「Star Cycle」へ。冒頭のトリルの間にJenniferがギターを変えるはずがスムーズに行かず、Jeffが苦笑しながら「早くしてくれよ〜」という感じでトリルダウンさせていました。ベースソロを混じえた「You Never Know」の後に演奏されたレゲエ調の「Angel」では、非常に高いポジション(25F〜36Fあたり)でのフレージングでボトルネックの凄い技を見せてくれました。さらに、Jenniferの意外にも堂々としたヴォーカルが大喝采を浴びた「Rollin' And Tumblin'」の後に、お待ちかねの「Blue Wind」。今年は聴衆もしっかり心得ていて、メインテーマのギターと会場の応酬もちゃんと声が上がっていました。JenniferもJeffにひけをとらない、本当に強力なギターソロを繰り出してくれたのに、ライティングのミスでJennifer側が暗いままだったのが残念。アンコールは、まずJeffとJenniferの二人が登場し、Jenniferによるストリングス音に乗って超絶アーミングが見られる「Where Were You」。最後は、去年も演奏されたThe Beatlesの「A Day In The Life」でした。

使用していたギターはStratocaster1本だけで、チューニングを変える(レギュラー→ドロップD?)ときもステージの上できゅいっと緩めてちょんちょんと音を合わせるだけ。普通ならギター自体を変えるところです。ステージ上にはTelecasterもありましたが、こちらはJenniferがギターを背中に回して熱唱する「Rollin' And Tumblin'」でRandyが弾いていました。MCなしでぐいぐい進み1時間半のステージはあまりにも短く感じられましたが、相も変わらずJeff Beckは強烈。ピックを使わない独特のピッキング・スタイルはもとより、随所に見せたヴァイオリン奏法やハーモニクス、フィードバックの活用、自由自在なタッピングやアーミングなど個々の技術も飛び抜けていますが、ハードウェアの制約を軽く超えてしまう自在なフレージングと爆音から消え入りそうな音までワイドレンジなダイナミクスでギターを思いのままに歌わせるJeffは、もはやそういう小手先の技術レベルで論じられるようなギタリストではありません。いずれにせよ、20世紀を締めくくるにふさわしい素晴らしいライブでした。

ミュージシャン

Jeff Beck Guitar
Jennifer Batten Guitar
Randy Hope-Taylor Bass
Andy Gangadeen Drums

セットリスト

intro Blackbird

  1. Earthquake
  2. Roy's Toy
  3. The Pump
  4. Brush With The Blues
  5. Blast From The East
  6. Dirty Mind
  7. Nadia
  8. Psycho Sam
  9. Rice Pudding / Jack Johnson / Savoy
  10. Loose Cannon
  11. Star Cycle
  12. You Never Know
  13. Angel(Footsteps)
  14. Rollin' And Tumblin'
  15. Blue Wind
    -
  16. Where Were You
  17. A Day In The Life