ホアキン・コルテス

2000/10/15

フラメンコ・ダンサーの枠を超え、世界中の女性の視線を釘付けにするスーパーダンサー、ホアキン・コルテスの「Soul」ツアーを、東京国際フォーラムで観ました。会場は予想通り8割方が若い女性で占められ、また外国人の姿も目立ちます。定刻の14時を10分程回ったところで会場が暗くなり、激しいパーカッションの音で舞台が幕を開けました。

1969年コルドバでジプシーの家系に生まれたホアキン・コルテスは、スペイン国立バレエ団で才能を知られるようになり、独立後はフラメンコに限らず様々な舞踏団と競演。現在はニューヨーク在住で、自身のカンパニーを率いて世界を回っています。今回の「Soul」は1999年10月にバルセロナで初演され、その後スペインからヨーロッパ諸国を経て日本にやってきたものです。

今回のカンパニーの構成は、女性ダンサーと男女の歌い手が数名ずつ、ギター、パーカッション、ヴァイオリンが複数、それにフルート、ベース、キーボードといったところ。全体がいくつかのパートに分かれており、女性ダンサーたちの群舞とホアキン・コルテスのソロが交互に演じられて、その間にギター独奏や歌がはさまれる進行になっています。

ホアキン・コルテスは、アルマーニのスーツでびしっと決めたり、上半身をあらわにして肉体美を強調したりと変幻自在。動きがきびきびとしていて無駄がなく、激しいサパテアードと華麗なブエルタ(回転)は彼ならではで、観衆を見事に挑発してみせるところはさすがカリスマダンサー。音響や照明はロック・コンサートのそれと同様に作りこまれたものだし(パーカッションとギターが特によかったのですが、キーボードの男性がエレクトリック・ギターも兼ねていて、タッピングばりばりのロックギターを弾いたのにはびっくり)、舞台の左右には大きなスクリーンが吊り下げられていて、そこに舞台上のホアキン・コルテスが大写しになったりしていて、演出もそつがありません。

2時間ちょうどのステージは非常に盛り沢山で、最後は大盛り上がりのスタンディングオベーションになりました。