汪蕪生展 天上の山々

2000/07/01

東京都写真美術館で汪蕪生の写真展「天上の山々」を見ました。4月18日から始まって本当は6月18日までの予定でしたが、好評につき7月16日まで会期が延長されたもの。

汪蕪生は中国安徽省生まれ。祖国の名山黄山をモチーフにモノクロ写真で心象風景を描き続け、「山水写真」という独自のスタイルを確立した写真家です。会場に展示された写真の大半も黄山を撮ったもので、最初にひと回りしてみてずいぶん単調な展示だなと思いましたが、もう一度会場をゆっくり歩いてみると、ある傾向をもって画風が変化してきているのが感じられました。最初はまさに山水画そのままで、霧に煙る岩山に松柏類の樹木をアクセントにしてぼうっとした景色が描かれ、岩肌は黒く焼き込まれています。ところがしばらく後になると、空気に透明感が出てきて岩肌の厳しさが鮮明に描写されるようになり、また、前景に印象的な樹木が置かれたりするようになります。

会場を出て何枚か写真のカードを購入。すると、受付のところに当の汪蕪生氏がいて1枚サインしてくれるとのこと。ラッキー!喜んでサインしてもらったのが、一番下のカード。日本に留学していたこともある汪蕪生氏は、流暢な日本語で「ありがとうございます」と言ってカードを渡してくれました。

「黄山神韻」。雲海上に浮かぶ黄山はまさに神の領域にある岩山のようです。
「天上の山々#52」。前景の木が印象的。これは展覧会全体の中ではかなり異色な作品。
サインしてもらったカード。この岩壁は、ついフリーで登るルートを探したくなってしまうほど鮮明に写しとられています。