眠れる森の美女(東京バレエ団)

1999/11/07

シルヴィ・ギエムの「眠れる森の美女」を、横浜の神奈川県民ホールで観ました。開演15時、終演17時35分。東京バレエ団と東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団(指揮:ミッシェル・ケヴァル)。

当代きってのプリマ、シルヴィ・ギエムの公演を前回見たのは2年前だから随分久しぶりですが、カリスマ的な人気の高さは相変わらずで、会場にはギエム目当ての幅広い年齢層の観客が詰め掛けました。東横線で渋谷から桜木町に出てタクシーに乗ると、最近の不祥事に目をつけた右翼の街宣車が県警本部の前で大きな声を出している横をすり抜けて神奈川県民ホールへ。今回はこれまた久しぶりにバレエ鑑賞の「師匠」と御一緒させていただくことになっているのに、開演時間になっても師匠が現れずやきもき。第2幕から合流した師匠に聞いたところでは、先に山下公園を散策するつもりで早めに出たのに中央線がトラブルで止まってしまい間に合わなかったとのこと。しかし、遅れたとはいえ第1幕もちゃんとロビーのモニターで見ることができたし、そもそもギエムの出番は第2幕から(普通は第1幕にあたる部分は「プロローグ」と呼ばれ、オーロラ姫の成人の祝いが「第1幕」とされます)なので実害は少ないのでした。

さて、「眠れる森の美女」のオーロラ姫はクラシック・バレエの中でも最も高度なテクニックが要求される役どころであり、その最初の見せ場は第2幕のローズ・アダージョです。4人の貴公子に求婚されるオーロラ姫は、貴公子たちに次々に手をとらせながらポアントで立ち、アティテュードの姿勢を続けたまま男性の動きに沿ってゆっくり回転します(アティテュード・アン・プロムナード)。観客はかたずを飲んで見守りますがギエムはまったく動じるところがなく、まるで神様の見えない手が彼女を支えているかのような安定感でこの場面をこなして最後のアラベスクを決め、観客の割れんばかりの拍手を浴びていました。ここまで、第1幕でのカラボスとその従者たちやリラの精がけっこうがんばっていて「東京バレエ団もやるじゃないか」と思っていましたが、やはり役者が違い過ぎ。師匠も賛嘆して曰く「トウ・シューズの音からして違う」のだそう。そして圧巻は第3幕の王子とのグラン・パ・ド・ドゥ。大胆なフィッシュも凄いですが、最後のポアントでの静止時間の長さは驚異的で、オーロラ姫が完全に自立した女性へと成長したことをこれ以上ないくらいはっきりと示していました。

やはり、ギエムは凄い。

キャスト

オーロラ姫 シルヴィ・ギエム
デジーレ王子 ニコラ・ル・リッシュ
高野一起
王妃 加茂律子
式典長 飯田宗孝
善の精リラ 吉岡美佳
悪の精カラボス 市来今日子
優しさの精 武田明子
やんちゃの精 荒井祐子
気前よさの精 佐野志織
のんきの精 高村順子
度胸の精 関根里美
オーロラの友人 佐野志織 / 中澤多喜 / 大島由賀子 / 福井ゆい
4人の王子 森田雅順 / 木村和夫 / 植村公春 / 後藤晴雄
金の精 太田美和
銀の精 小出領子
ダイヤの精 荒井祐子
サファイヤの精 高村順子
フロリナ王女 奥村志帆
青い鳥 大嶋正樹
白い猫 早川恵子
長靴をはいた猫 武石光嗣
 
指揮 ミッシェル・ケヴァル
演奏 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

物語

第1幕(フロレスタン王の宮殿の大広間)
オーロラ姫の洗礼式。招かれたリラの精と5人の妖精はオーロラ姫にそれぞれの心を贈り祝福する。しかし、悪の精カラボスが従者とともに現れて、式典長の不手際で祝宴に呼ばれなかったことを怒り、オーロラ姫は16歳の誕生日に糸紡ぎの針に刺されて死ぬだろうと呪いをかける。一同は打ひしがれるが、リラの精は、姫は死ぬのではなく100年の眠りにつくだけだと宣言する。王は早速国中の糸紡ぎ機を焼き捨てるよう触れを出す。
第2幕(16年後の城の中庭)
オーロラ姫の16歳の誕生日。オーロラ姫は4人の求婚者と踊りばらの花を受け取るが、そこへ現れた一人の婦人が捧げた贈り物が実は紡ぎ針で、オーロラ姫は指先に針を刺して倒れる。正体を表したカラボスには4人の王子も太刀打ちできないが、リラの精が現れカラボスは逃げ去る。眠るオーロラ姫が担ぎ出された後に、リラの精は城全体を森で覆って100年の眠りにつかせる。
第3幕(100年後)
第1場(紅葉の美しい森に通じる道)
リラの精は狩りの途中のデジーレ王子に歩み寄り、オーロラ姫の幻を見せてカラボスの呪いと100年の眠りの秘密を打ち明け、自分が永遠の愛を誓って呪いを解く若者になることを申し出た王子を眠りの森に導く。
第2場(オーロラ姫の眠る城内の暗い一室)
カラボスと従者はオーロラ姫の眠りを覚まそうとする者を妨害するために城の回りを取り巻いている。王子が勇気を振るってカラボスを追い払い、オーロラ姫に口づけするとオーロラ姫は瞳を開き、同時に森も消えて城も人々も100年の眠りから目覚める。
第3場(城の大広間)
オーロラ姫とデジーレ王子の婚約の祝い。宝石の妖精や青い鳥とフロリナ王女、長靴をはいた猫などが祝福の踊りを踊る。舞踊会はオーロラ姫と王子の踊りでクライマックスを迎える。