スペイン国立バレエ団

1999/09/23

スペイン国立バレエ団を新宿文化センターで1年振りに観ました。開演14時、終演16時20分。演目は以下の通り。

「ポエタ」 女 :アイーダ・ゴメス
男 :ルイス・オルテガ
詩人:ルベン・オルモ
友人:マリベル・ガジャルド
敵 :クリージョ
「セビーリャ・デ・アルベニス」 ヘンマ・バレーダ
「グリート」 マリベル・ガジャルド
クリージョ
ダビド・トーレ
ルイス・モリーナ
ヘスス・コルドバ
「ボレロ」 エレナ・マルティン
サウロ・ガリード

ポエタ

開演前から会場に潮騒の音が流れはじめ、やがて暗くなって幕があくと舞台後方のスクリーンには波が寄せては返す海の映像が写し出されて「ポエタ」の開始。海に向かって立つ詩人、コールの踊り、恋人たちの踊り。戦争のカオスの男たちの出現と吊るされる詩人、翻弄され連れ去られる男。そして平安が訪れ、詩人、ついで男が戻ってフィナーレ。約1時間の間にこうしたイメージが踊られます。音楽はギタリストであるビセンテ・アミーゴの曲「ポエタ」。美しいオーケストラの弦の響きと激しいリズム、緩急自在のギターが印象的です。装置も斬新で、上からシルバーのバケツを連ねたようなセットがおりてきてそこに水がしたたったり、舞台の上の段がチェーンでまくりあげられて巨大な壁と化したり、白いカーテンを丸めた中を詩人が上から下りてきたり、と驚かされます。踊りも全体に柔らかくて優しく、フラメンコ的というよりバレエ的な動きが目立ちました。音楽・舞踏・装置の全てが一体となった感動的な作品で大感激でした。音楽はCDも出ているようなので、ぜひ購入したいもの。

セビーリャ・デ・アルベニス / グリート

休憩の後は、まず短い「セビーリャ・デ・アルベニス」。女性達のカスタネットを使った群舞と男性達の踊り、裳裾を長く引いたソロの女性が実にかっこいい。続いて昨年も見た「グリート」、前回は体調不良でじっくり見る余裕がありませんでしたが、今回は大丈夫。舞台後方に歌い手3・打楽器2・ギター2を置いたこの作品は全4曲からなります。椅子に座った3人の男性舞踏手が印象的な照明に導かれるようにして次々に踊る2曲目のソレアが特に印象的でした。3曲目のアレグリアスは男女のデュオですが、男性がちょっと疲れていた様子?

ボレロ

この曲に関してはベジャール振付のバレエの暴力的な踊りが脳裏に焼き付いているので、情熱的なはずのスペイン舞踏でもお上品に見えてしまいます。スモークが派手にたかれ、ライティングが非常に美しい演出でしたが、スモークマシンの音なのか蒸気音のようなノイズが気になったのはちょっと残念でした。