Jeff Beck

1999/06/03

東京国際フォーラムで、Jeff Beckのライブ。

「孤高の」ロックギタリストとして長いキャリアを持つJeff Beckは、圧倒的なテクニックもさることながら、そのギタリストとしての存在感が他を圧して大きく、寡作ながら毎回予想をはるかに上回る品質の高い作品を発表してきました。今回は、10年振りの最新作『Who Else !』をひっさげてのツアーで、今日は日本公演の最終日にあたります。自分にとっては1980年の『There And Back』のツアーでの日本武道館以来だからほぼ20年振り。

ステージは、定刻を15分程過ぎて『Who Else !』のオープニングナンバーである「What Mama Said」で始まりました。メンバーの配置は、フロント向かって左がベース(Randy Hope-Taylor)、右がギター(Jennifer Batten)、まん中うしろがドラム(Steve Alexander)。Jenniferの怒濤のタッピングによる強烈なイントロのリフが鳴り響くなかJeff Beckが登場して観客は総立ち。メイン・リフから爆音で演奏に参加したJeff Beckは、とても55歳とは見えない若々しい姿(『Who Else !』のジャケットそのまま)で次々に刺激的なフレーズを叩きつけ、そのまま新作からの曲を3曲続けたのち、懐かしい「Star Cycle」のイントロのシンセ・フレーズをギターで再現。その後も新作からの曲を中心に据えながら、前作『Guitar Shop』からの曲や「Led Boots」「Blue Wind」など往年の名曲を弾いてくれました。また、The Beatlesの「A Day In The Life」を艶やかなアレンジで演奏したのにもびっくり。

サポートメンバーに関しては、Steve Alexanderのドラムソロも手数足数の多い派手なものでしたが(彼は「Declan」ではキーボードも担当。この曲ではベースのRandyもギターでアコースティックなバッキングを弾いていました)、やはりJennifer Battenのギターが特筆されます。といってもギターでアピールしたのは冒頭の「What Mama Said」とアンコール前の「Blue Wind」でのソロの応酬くらいで、むしろMIDIギターでシンセサイザーをコントロールしキーボードの代わりをつとめていたことが目立ちます。

それにしてもやはりJeff Beckは凄い。ピックを使わないスタイルから紡ぎ出されるフレーズのひとつひとつが全て彼ならではの個性的なもので、ギターを抱きかかえるようにネックを引き寄せたり右手を頭上高く突き上げたりといったポーズが、今は死語に近い「ギター・ヒーロー」という言葉を違和感なく思い起こさせます。叙情的な曲も彼のもうひとつの持ち味ですが、前述の「Declan」のほか、名曲中の名曲「Cause We've Ended As Lovers」は限りなく美しく、「Where Were You」ではアーム操作だけで複雑なフレージングを見せてくれました。そして彼が使用していたギターは、何本かのStratocasterと1曲だけTelecaster。

ミュージシャン

Jeff Beck Guitar
Jennifer Batten Guitar
Randy Hope-Taylor Bass
Steve Alexander Drums / Keyboards

セットリスト

  1. What Mama Said
  2. Psyco Sam
  3. Brush With The Blues
  4. Star Cycle
  5. Savoy
  6. Blast From The East
  7. A Day In The Life
  8. Declan
  9. THX138
  10. The Pump
  11. Led Boots / Drum Solo
  12. Cause We've Ended As Lovers
  13. Space For The Papa
  14. Angel(Footsteps)
  15. Even Odds
  16. You Never Know
  17. Blue Wind
    -
  18. Where Were You
  19. Big Block