Kansas

1999/03/14

川崎のクラブチッタで、Kansasのライブ。

アメリカン・プログレ・ハードの雄として70年代に活躍したKansasは、中学・高校の同級生の勧めでけっこう聴き込み、1979年のMonolithツアーでの来日の際には日本武道館へライブも見に行きましたが、ステージ上でいきなり柔軟体操を始めたSteve Walshやツーバスでの強烈なドラムソロを見せたPhil Ehartの姿は今でも目に焼き付いています。あくまでもドラマティックなそのスタイルは渋谷陽一に「厚塗の化粧をした女性が迫ってくるような音楽」と言われましたが、そのとき体験したライブは実にハードに引き締まった素晴らしいものでした。その後KansasはSteve Walshの脱退を皮切りにメンバーの相次ぐ交代によって低迷の時期を経ていましたが、今回の来日メンバーはオリジナルメンバーのSteve Walsh(Vo,K)、Robby Steinhardt(Violin,Vo)、Rich Williams(G)、Phil Ehart(Ds)にBilly Greer(B,Vo)を加えたもの。Kansasサウンドの要であるヴァイオリンとセカンドヴォーカル担当のRobby Steinhardt復帰がこのツアーの目玉ですが、一方でツインギター / ツインキーボードでのスリリングな展開を可能にしコンポーザーとしてもKansasのコンセプト面を担っていたKerry Livgren (K,G)を欠いた状態でどのようにステージを運営するのかにも興味がありました。

この日はクラブでのライブということで立ち見ですが、整理番号が比較的早い順番で入場できたため、右寄りのけっこう前の方に位置を占めることができました。機材やマイクの配置から、フロントは向かって左からギター / ヴァイオリン / ベース、後方が同じくキーボードとドラムスと知れましたが、天井が高いのはいいとしても壁はほとんどコンクリート打ち放しで、PAさんは残響処理が大変だろうなぁ、と心配になります。我々は200番台の前半で17時半頃に入場しましたが、主催者側からのアナウンスが入った開演5分前の時点では会場はほぼ満員になったようです。やがて定刻に客電が落ち、歓声の中メンバーがステージに現れてSEが入り、オープニングは意外ながらノリのよい「Fight Fire With Fire」。当然サビの部分では会場が大合唱でボルテージは思いきり上がり、続く名曲「Song For America」にノックアウトされてから、エンディングまで90分のステージがあっという間でした。

Kerry Livgrenの抜けた穴はほとんど感じることがなく、Steve Walshが全てのキーボード・パートをカバーし、Rich Williamsのギターもバッキング / ソロとも充実していて問題がありませんでした。また、Billy Greerが加わったことでヴォーカル・ハーモニーがさらに厚くなり、Steve Walshの負担を軽減していたことも見逃せません。それにしても20年振りに見た彼らは、やはりそれなりの年輪を重ねていたようで、Steve Walshは筋肉質の締まった身体こそ変わらないものの顎には白いヤギのようなヒゲをたくわえ、また声も若干かすれ気味ではあったし、Rich Williamsはさらに膨張していました。ところが今回も強力なドラムソロを見せてくれたPhil Ehartは前髪が復活していて若々しくなっていたのはどういうことでしょうか。そして、何より今回聴衆に暖かく迎えられたのは15年振り(パンフレットによれば「after a 15-year "vacation")の復帰となるRobby Steinhardt。ヴァイオリンのボウをぶんぶん振り回しながらステージ狭しと暴れ回る姿は最もいきいきとしており、少なからぬ曲でリードヴォーカルもとっていました。特にRobbyとSteve Walshがダイナミックなヴォーカル・コンビネーションを聴かせる「Miracles Out Of Nowhere」は感涙もの。我々の位置はベースのBilly Greerの目の前で、ドラムのPhil Ehartの左手がスネア上でゴースト・ノートを刻むのもばっちり見えました。聴衆の祝福に気を良くしてRobby SteinhardtやBilly Greerが最前列の客と次々に握手を交わすところはクラブ・ライブのよいところです。

最後の曲は誰もが「Carry On Wayward Son」と予想しており、Steve Walshの「Are you ready !? 1234」のカウントで会場の全員が「♪Carry on my wayward son. There'll be peace when you are done.」と大合唱。「今回は歌わない」とあらかじめ宣言していた私も、終わってみればやっぱり喉を枯らして会場を後にしていたのでした。

ミュージシャン

Steve Walsh Vocals / Keyboards
Robby Steinhardt Violin / Vocals
Rich Williams Guitar
Billy Greer Bass / Guitar / Vocals
Phil Ehart Drums

セットリスト

  1. Fight Fire With Fire / Sparks Of The Tempest / Fight Fire With Fire
  2. Song For America
  3. Miracles Out Of Nowhere
  4. The Wall
  5. Cheyenne Anthem
  6. Hold On
  7. Eleanor Rigby
  8. Point Of Know Return
  9. Play The Game Tonight
  10. Drum Solo
  11. Portrait (He Knew)
    -
  12. Down The Road
  13. Dust In The Wind
  14. Carry On Wayward Son