竹内浩一展

1999/03/13

松屋銀座で、「竹内浩一展」を見ました。1月に見た山口華楊の回顧展で見た作品がとても気に入ったので、その山口華楊に師事したという竹内浩一も感性が合うに違いないと思って足を運びましたが、まさに期待以上でした。

竹内浩一は1941年、京都の友禅職人の家に生まれ、はじめ洋服地のプリント・デザイナーの道を歩んだものの、25歳で山口華楊の主催する晨鳥社に入塾して日本画の道へ転身した画家。円山四条派の伝統を基に、自画像ともいえる動物画と執拗なまでに繊細な植物画を淡い色調で描きます。この展覧会では、竹内浩一の代表作60点余を展示しています。

《白い雫》(1981年)。山口華楊の《青柿》と構図が似ていますが、ここに描かれた弊れた烏の凄惨な姿と画面全体を覆う蔓草のからまりは、見る者の琴線のまったく異なる部分に触れてきます。
《風の琴》(1987年)。すっきりと写実的な姿態と顔の表情や前足の角度に見る心象表現が素晴らしい。
《器》(1988年)。独特の背景処理によって、中心モチーフと背景との融合が進みます。
《丹》/《牟礼》(1995年)。ここではこれまで中心モチーフの地位にあった動物の姿はもはやなく、淡い色調の中で背景の光や空気の中に実体が溶け込もうとしています。