パリ・オランジュリー美術館展

1999/02/06

Bunkamura ザ・ミュージアムで、「パリ・オランジュリー美術館展」を見ました。

両大戦間の時期にアルバート・バーンズ(「バーンズ・コレクション」で有名)を顧客として大きな成功を収めた画商にしてコレクター、ポール・ギョームのコレクションを公開しているオランジュリー美術館から、油彩画81点を出品。セザンヌ、ルノワール、マティスが充実しているほか、アンリ・ルソー、モディリアーニ、初期のピカソ、アンドレ・ドランなどが展示されて見ごたえがあります(右はモディリアーニによる《新しき水先案内人ポール・ギョームの肖像》)。

最初は、バレエの前に見ようと思っていましたが、14時半にBunkamuraに行ってみたら会場がある地下1階から3階まで長蛇の行列ができていて入場までに60分待ちとのことでびっくり。しかしバレエが終わった19時過ぎにはさすがに人が減っていて、すぐに入場することができました。

セザンヌの《果物、ナプキン、ミルク入れ》(1880-81年)。セザンヌといえばりんごですが、この絵の中にもりんご同士の緊密な構成とテーブル面 / 壁との微妙な不均衡など重層的な緊張が構築されています。
モネの《アルジャントゥイユ》(1875年)。この展覧会で唯一のモネの作品。垂直に伸びるマストが鏡のような水面にも写ってモネにしてはかっちりとした印象を与えます。
ルノアールの《ピアノを弾く少女たち》(1892年頃)。柔らかいタッチとふくよかな対象がいかにもルノアール。
ピカソの《水浴の女》(1921年)。キュビズムの後に現れた新古典主義の様式による作品。ことさらに太くたくましく強調された腕や足が特徴です。
ルソーの《婚礼》(1904-05年頃)。人物のグロテスクな表情とデフォルメされた植物の違和感は、ルソーならでは。
ドランの《アルルカンとピエロ》(1924年)。ギョームはドランの作品を好んで収集していました。