恋女房染分手綱 / 勧進帳

1998/10/17

十月の歌舞伎座は「勧進帳」が目玉。有楽町に用事があったついでに、幕見で見ることにしました。

恋女房染分手綱

早めにいかないと入れないと用心してひとつ前の「恋女房染分手綱」から入ったところ、重の井が鴈治郎丈で、太夫と三味線が竹本谷太夫・鶴澤泰二郎とくれば「こりゃぁ泣きの芸だな」と睨んだ通りで、重の井と三吉(実は与之助=鴈治郎丈の孫の壱太郎が見事)の親子の別れに本気で涙腺を刺激されてしまいました。

勧進帳

一方、お目当ての「勧進帳」は幸四郎丈の弁慶、團十郎丈の富樫です。幕見席は立ち見が鈴なりとなる満員大入りで、外国人も少なくありませんでした。舞台は期待通りの大きな芸、貫禄十分で、荒事の力感に満足。ただ、最後の見せ所である「飛び六法」は、幕見席からでは花道がほとんど見えないのが残念でした。

配役

恋女房染分手綱
重の井子別れ
乳人重の井 中村鴈治郎
自然蔗の三吉 中村壱太郎
腰元若菜 市川右之助
本田弥三左衛門 坂東吉弥
 
勧進帳 武蔵坊弁慶 松本幸四郎
富樫左衛門 市川團十郎
亀井六郎 市川染五郎
片岡八郎 尾上辰之助
駿河次郎 市川新之助
常陸坊海尊 松本錦吾
源義経 中村雀右衛門

あらすじ

恋女房染分手綱

幼い姫につかえる乳母重の井は、むずかる姫をなだめようと呼び込んだ馬士の三吉に「そんならわしのかかさまじゃ」と抱きつかれてびっくり仰天。よくよく話を聞くと確かにその昔余儀無く別れたわが子だったが、立場上親子と名乗れない。泣きながら去っていく三吉を断腸の思いで見送る。

勧進帳

奥州藤原氏を頼って、山伏姿に身をやつし北陸路を急ぐ義経主従。安宅の関を守る富樫は一行を厳しく詮議するが、即興で勧進帳を朗々と読み上げ、山伏のいわれ等淀みなく答える弁慶の機転に通行を許す。ところが強力姿の義経が富樫の配下に見破られ、あわやというとき、弁慶は疑いを晴らすため義経を金剛杖で打擲して見せる。主従の必死を察した富樫はそれ以上の追及をやめ、酒をふるまう。弁慶も富樫の恩情に気づき、大盃を傾け、延年の舞を披露して、安宅を去っていく。