Yes

1998/10/09

渋谷公会堂で、Yesのライブ。新譜『Open Your Eyes』を受けてのツアーなのですが、このバンドの場合、演る方も聴く方も懐メロを是認しているところが、良くも悪くもKing Crimsonとの違いなので、行く前からセットリストはだいたい想像がついてしまいます。

定刻の19時に例によってストラヴィンスキーの「火の鳥」が流れはじめ、歓声の中メンバーが登場。配置は、後列が向かって左にKeyのIgor Khoroshev、右にDsのAlan White。前列が向かって左からGのSteve Howe、VoのJon Anderson、BのChris Squire、GのBilly Sherwoodです。

オープニングはやはり「Siberian Khatru」。ベースの複雑なリフも中間部のハープシコードソロもヴォーカルハーモニーもばっちり決まり、完璧なスタートでした。その後も、「Yours Is No Disgrace」「Heart Of The Sunrise」など往年の名曲がこれでもかと出てきますし、最高傑作『Close To The Edge』からは3曲とも演奏されるし、「Open Your Eyes」ではツインヴォーカルになってChrisが存在感を示すし、さらに90125Yesの「Rhythm Of Love」「Owner Of A Lonely Heart」ではBillyがTrevor Rabinのソロを端正に代替しており、選曲に関しては文句のつけようがありません。強いて言えば最新アルバムから「New State Of Mine」くらいはやってもよかったし、客席からリクエストが出ていたように「Starship Trooper」はエンディングでやって欲しかった(Jonが2度「ナニカ、リクエスト?」と呼び掛けましたが、「Starship Trooper!」の声に困った顔で「No,no,no...」。最初から演奏曲目が決まっているのですから、これは御愛嬌といったところ)。

Jonのヴォーカルはまったく歳を感じさせないほど高音がよく出ており、曲間のMCも楽しくてコンサートを盛り上げてくれました。やっぱりヴォーカルがしっかりしていればいいライブになります。プロダクションで活躍したBillyと今回初来日のIgorは裏方に回った感じで、Igorの方は目立つキーボードパートも多かったものの基本的にはRick Wakemanのフレーズをなぞったもの、Billyの方は演奏に関しては前記2曲以外はほとんど出番なし、という感じ。ただし、「Wonderous Stories」「Long Distance Runaround」では得意の高音を活かして、Chrisのコーラスパートを代わりに歌っていました。また、各自のソロコーナーではやはりSteveのアコースティックギター3連発が抜群だったほか(2曲目はGTRでの曲。昔むかし、Asiaの大阪公演でも聴いたのを思い出しました)、Chrisのベースソロは「The Fish」「Tempus Fugit」「Sound Chaser」のミックスで、音もアクションもド迫力でした。また、JonとIgorは曲中で手があいているときに中央後方のブースでパーカッションを担当。特に最後の「Roundabout」では、Igorが右手でオルガンの高速アルペジオを弾きながら左手はカウベルとスティックでリズムキープ、といった器用な技も見せていました。これらの中でもJonのヴォーカルが素晴らしかったことは聴衆が一様に驚嘆したようで、その後Yes関係のホームページ上でのレポートでもこの点に言及する発言が多く見られました。なお、大きく盛り上がったもうひとつの話題は「Long Distance Runaround」でSteveがかぶった巨大なソンブレロでした。

演奏もサウンドもライティングも文句なしの約2時間強のライブは、大歓声のうちに終了。私はまたもや喉を枯らし、手を腫れ上がらせて会場を後にしたのでした。

ミュージシャン

Jon Anderson Vocals / Guitar / Percussion
Chris Squire Bass / Vocals
Steve Howe Guitar / Vocals
Billy Sherwood Guitar / Vocals
Igor Khoroshev Keyboards / Percussion
Alan White Drums

セットリスト

  1. Opening (Firebird) / Siberian Khatru
  2. Rhythm Of Love
  3. Yours Is No Disgrace
  4. Open Your Eyes
  5. And You And I
  6. Heart Of The Sunrise
  7. Guitar Solo (Mood For A Day / Sketches In The Sun / The Clap)
  8. Wonderous Stories
  9. Keyboard Solo / Long Distance Runaround / Bass & Drum Solo
  10. Owner Of A Lonely Heart
  11. Close To The Edge
  12. All Good People / Your Move
    -
  13. Roundabout