Niacin

1998/08/20

渋谷のおなじみClub Quattroで、Mr. Bigのベーシストとして知られるBilly Sheehanを中心とするフュージョン・トリオ、Niacinのライブ。開演30分前に会場に入ってみると、比較的ホールにはゆとりがあり(ここはほとんど立ち席)、ステージ全体を見渡せる後方右寄りの柱の近くに陣取ることができました。ステージ上は向かって右にキーボード(HammondB3の上にKurzweil、手前にRoland)、中央にドラムセット、左手にベースアンプと背丈の高い椅子。他の客もお目当てはやはりBilly Sheehanらしく、左手の方が混んでいます。

定刻の19時に客電が落ちてメンバー(B:Billy Sheehan / Key:John Novello / Ds:Dennis Chambers)が入場すると最初から歓声と拍手で会場のテンションが一気に高まります。オープニングの「No Man's Land」からリズムセクションが全速力で突っ走るような曲が立て続けに演奏され、Billy Sheehanの派手なパフォーマンスやDennis Chambersの超高速タム回しが決まるたびに観客も反応よく歓声をあげていました。1時間強の演奏の締めくくりはWeather Reportの演奏が有名な「Birdland」で、Jaco Pastoriusのピッキング・ハーモニクス奏法をBillyが再現して見せました。アンコールは1曲。最後にBillyのベースの指板上のポジションマークに埋め込まれた青いLEDを点灯して見せるサービスで幕を閉じました。

Billyのベース演奏はまさに奔放で、スリー・フィンガーに加えてスラッピングを見せたり肘を使ったり、ギターのようにコードを使ってリフを組み立てたり、とまるで格闘技のようにベースを操り、ハーモニクスやフィードバックも自在に得ていました。上記「Birdland」のピッキング・ハーモニクスにしても、Jacoの場合はピッキングの位置を緻密に選ぶことでハーモニクスを出していましたが、強力な出力レベルを持つBillyのベースでは弾く場所など気にせずハーモニクスを得ることができるようです。こうした右手のテクニックに加えて左手の速さは言うまでもなく、指板上を上から下まで駆け巡るスピードは彼の教則ビデオでも披露されていたスケールへの完全な理解に由来するものでしょう。

演奏終了後、再アンコールを求める観客の手拍子がなかなか鳴りやまず、会場の係員が困惑しながらステージ上を片付ける場面が見られましたが、帰りがけに会場受付で買った彼等のライブLDを自宅で見ても、やはり先程の演奏の魅力の1/10も再現されてはいませんでした。コンサートはやはり「生」に限る!ということなのでしょう。

ミュージシャン

Billy Sheehan Bass
John Novello Keyboards
Dennis Chambers Drums

セットリスト

  1. High Bias
  2. Montuno
  3. Slapped Silly
  4. One Less Worry
  5. Darkside
  6. Clean-Up / Dirty Work
  7. Bullet Train
  8. Revenge
  9. I Miss You
  10. Klaghorn
  11. Three Feet Back
  12. Hell To Play
  13. Pay Dirt
  14. Birdland
    -
  15. Niacin