テート・ギャラリー展

1998/03/21

上野の東京都美術館で、「テート・ギャラリー展」を見ました。

英国絵画の歴史を、16,17世紀の外国人画家の影響が強い時代から、18世紀のホガースによる国民的絵画の成立、18世紀後半のロイヤル・アカデミー、19世紀のコンスタブル、ターナー、ブレイクらロマン主義の勃興、19世紀半ばのラファエル前派を経て20世紀モダニズムまで、66作家100点の展示によって展観する企画であり、英国祭98の一環でもあります。

ジョン・コンスタブルの《フラットフォードの製粉場》(1816-7年)。ほとんど野外で描かれたこの作品は、自然への回帰を主題とするロマン主義の代表作のひとつ。ストゥール河畔のこの地域は、コンスタブル自身が「きままな少年時代」を過ごした思い出の情景です。
ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの《ノラム城,日の出》(1845年頃)。1797年の北イングランドへの旅は「光と大気と水の画家」ターナーの原点であり、ノラム城は彼がその後も特に好んだモチーフです。
サー・ジョン・エヴァレット・ミレーの《オフィーリア》(1851-2年)。シェイクスピアの「ハムレット」第4幕第7場、正気を失ったオフィーリアが小川で溺死する場面を描いています。今回の展覧会の白眉であり、黒山の人だかりで落ち着いて見ることはかないませんでした。
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティの《プロセルピナ》(1874年)。冥界の柘榴を一粒食べてしまったためハーデスに留まらなければならなかった神話の女性。ロセッティはミレーらと共に結成されたラファエル前派兄弟団の一員ではありましたが、ミレーらが求めていた自然主義には共感せず、唯美主義と象徴主義の方向を目ざしていました。
ジョン・シンガー・サージェントの《カーネーション,ユリ,ユリ,バラ》(1885-6年)。描かれた二人の女の子が手にしているのは日本の提灯。パリ滞在時にモネの友人となり、印象主義の色彩感覚を学んだサージェントは、毎夕、光がちょうど適正になる数分間しか仕事ができず、この絵の完成までに二回の秋が費やされました。