コートールド・コレクション展

1998/02/08

日本橋高島屋で、ロンドンのコートールド美術館の印象派絵画のコレクションを展示する「コートールド・コレクション展」を見ました。

一般に日本人は印象派が大好きですが、御多分に漏れず自分も印象派絵画を真面目に研究した時期があり、パリのオルセー美術館やワシントンDCのフィリップス・コレクションを訪れて名画の前でため息をついていたこともあります。今回の展示は、印象派を代表する画家たちの、それも極めて有名な作品が少なからず含まれており、なかば義務感に駆られての見学となりました。しかし、画集などで見知った作品が多いだけにあっと驚くような新鮮な出会いは少なく、その意味では逆に面白みに欠けてもいたかもしれません。

マネの《フォリー=ベルジェールのバー》。1882年のサロンに入選したマネ最後の大作。ほかに《草上の昼食》も展示されていましたが、「オルセー美術館にあるはずの絵がなぜここに?それにタッチも妙に粗いが……」と不思議に思っていたところ、やはりオルセーの本物の画家自身によるレプリカでした。
ドガの《舞台の二人の踊り子》。身体を洗う裸婦やリハーサル中の踊り子といった主題を繰り返し描いたドガの1874年の作品。下からの光線が作る陰影や中心のずれた構図の微妙な不安定感が踊り子に動きを与えています。
ルノアールの《桟敷席》。1874年の第1回印象派展に出展されたこの作品は、しかし技法的にはむしろかなり精巧です。この後に制作されるオルセー美術館の《ムーラン・ド・ラ・ギャレット》やフィリップス・コレクションの《船遊びの昼食》の明るい輝きが自分の好みですが、今回の展示ではこの作品の他には、厳しい輪郭線を強調した「乾いた様式」の時代を飛び越えた晩年に近い作品が展示されていました。
セザンヌの《サント=ヴィクトワール山》。モネの《睡蓮》と同様に、セザンヌはエクス=アン=プロヴァンスのこの山を繰り返し描いていますが、この作品は1887年頃のもの。セザンヌの筆使いは晩年になるほど色斑が大きくなるので、一目見ただけでおおよその制作年代がわかります。
ゴーギャンの《テ・レリオア(夢)》。1897年、タヒチで制作されたもの。同じ年に大作《我々はどこから来たのか、我々は何者なのか、我々はどこへ行くのか》を制作した後、ゴーギャンは自殺を図っています。はっきりした輪郭線で色面を区切るゴーギャンの技法は、一瞬の光をとらえるために絵の具の斑点で色を作った印象主義の技法とは異なるものです。