川本喜八郎展

1997/09/20

NHKの人形劇『三国志』『平家物語』の人形作家である川本喜八郎氏の展覧会を、新宿の三越美術館で見ました。自分にとっては、伝説とすら言われる人形アニメーション「道成寺」「火宅」の作家としての川本氏に学生の頃から心酔しており、その業績が一覧できるこの展覧会には大いに期待していました。会場には、初期の様々なパペット(ミツワ石鹸の三人娘など)のほか、『三国志』『平家物語』に出演した膨大な数の人形が一堂に会しており、その多さもさることながら、一体一体の緻密な造形に圧倒されました。

そして、予期せぬ出来事が二つ。まず、川本喜八郎氏本人が会場にいて、サイン会が催されていたこと。ためらうことなく写真集を買い、サインしていただきました。氏は既に72歳ですが、一冊ごとに丁寧にサインをし、「ありがとうございます」と声を掛けておられました。さらに、長年入手したいと思いながら廃盤になっていたため諦めていたLD『道成寺・火宅』が販売されていたこと。これも直ちに購入しました。自宅で早速見てみましたが、20年近く前に「道成寺」や「火宅」を初めて見たときの感動がいささかも衰えずに蘇ってきました。

摂津の国、生田の里を歩く旅の僧(「火宅」より。以下2点も同じ)
小竹田男(ささだおのこ)と血沼丈夫(ちぬのますらお)の弓比べを見つめる莵名日処女(うないおとめ)
死後の世界で写経をする莵名日処女