第8回世界バレエフェスティバル

1997/08/01

第8回世界バレエフェスティバルのAプロを、東京文化会館大ホールで、17時半から始まって終演の22時までたっぷり堪能しました。

演目は以下の通り。

演目 ダンサー 振付
「ラ・シルフィード」 マリーヌ・キャステル
アンドレイ・フェドートフ
ピエール・ラコット
「アンドンプテ」 マニュエル・ルグリ
バンジャマン・ペッシュ
クロード・ブリュマション
「眠れる森の美女」 アンナ・アントニーチェワ
ドミトリー・ベロゴロフツェフ
マリウス・プティパ
「パリの炎」 フェルナンダ・タバレス=ディニス
ホアン・ボアダ
ワシリー・ワイノーネン
「レント・アパッショナート」 イブリン・ハート
レックス・ハリントン
ヴィセンテ・ネブラーダ
「カルメン」 アンナ・ポリカルポヴァ
ロイド・リギンス
ジョン・ノイマイヤー
「アポロ」 マルタ・ロマーニャ
ロベルト・ボッレ
ジョージ・バランシン
「マノン」寝室のパ・ド・ドゥ シルヴィ・ギエム
ジョナサン・コープ
ケネス・マクミラン
「海賊」 スーザン・ジャフィー
ホセ・カレーニョ
マリウス・プティパ
「ロメオとジュリエット」 アニエス・ルテステュ
ジョゼ・マルティネス
ルディ・ヴァン・ダンツィヒ
「ノートルダムのせむし男」 ルシア・ラカッラ
マッシモ・ムッル
ローラン・プティ
「椿姫」 モニク・ルディエール
マニュエル・ルグリ
ジョン・ノイマイヤー
「グラン・パ・クラシック」 シルヴィ・ギエム
ローラン・イレール
ヴィクトル・グソフスキー
「ディアナとアクティオン」 マリアネラ・ヌニェス
マキシミリアーノ・グエラ
アグリッピーナ・ワガノア
「アダージェット」 ジル・ロマン モーリス・ベジャール
「ラ・バヤデール」 シュテフィ・シェルツァー
オリヴァ・マッツ
マリウス・プティパ
「ノーテーション」 ウラジーミル・マラーホフ ウヴェ・ショルツ
「ドン・キホーテ」 ガリーナ・ステパネンコ
ユーリー・クレフツォフ
マリウス・プティパ

これらの中でも、「パリの炎」のホアン・ボアダとフェルナンダ・タバレス=ディニスは凄かった!超絶技巧を駆使しながらのダイナミックなダンスには脱帽。カーテンコールでの観客の拍手も一番大きいものでした。また、「ディアナとアクティオン」のマキシミリアーノ・グエラの大胆な跳躍には観客が思わず「!」と声にならない声を上げていましたし、モダンの「アンドンプテ」や「ノーテーション」もダンス・振付とも質の高いものでした。ジル・ロマンの「アダージェット」も端正でよかったのですが(翌日、早速マーラーの交響曲第5番のCD(ピエール・ブーレーズ指揮 / ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団)を購入)、やはりこの振付は、ジョルジュ・ドンの異様に長い手足を前提にしているようにも感じました。