絵本太功記

1997/06/13

15時に浅草で所用をすませ、19時の銀座での待ち合わせ(前職での同僚たちとの飲み会)までに時間があったので、思い立って歌舞伎座の一幕見で「絵本太功記」(尼ケ崎閑居の場)を観ました。

客席は主婦と外国人が多い中で、大向の私のすぐ斜め前に座った40歳前後とおぼしき男性が江戸風の発音で盛んに「高麗屋!」「加賀屋!」と掛け声を掛けるのが珍しく、楽しかったのですが、お芝居の方はあらかじめストーリーを頭に入れていないと楽しみにくいでしょうし、初めて見る外国人には「動きが少なく、やたらに泣く場面が多い演劇」と思われたのではないかと思われます。

私自身がそう思ったくらいですから。

配役

武智光秀 松本幸四郎
初菊 中村松江
武智十次郎 市川染五郎
佐藤正清 大谷友右衛門
皐月 河原崎権十郎
真柴久吉 澤村宗十郎
中村雀右衛門

あらすじ

主君小田春永を本能寺で討った武智光秀がひそかに尼ケ崎の母の家を訪れ、真柴久吉だと思って竹槍で刺したのは母の皐月だった。驚く光秀のもとへ、一人息子の十次郎が戦場から深手を負って戻り、両親、祖母、そして三々九度の盃をしたばかりの初菊に囲まれつつ息絶える。